CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< January 2018 >>
SPONSORED LINKS
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
CHECK
無料カウンター
TEST
check2
CHECK3
あわせて読みたい
CHECK4
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

Higashi Ginza Sweet Life

東銀座は今日も魚そして海の潮の香りがしています。
本のメモ ルイスフロイス ヨーロッパ文化と日本文化

1500年代の日本とヨーロッパ文化との差異。

以下メモ。

 

・日本も古代は左袵。712年に右袵に改められた。

・ヨーロッパでは近親者同士の情愛が深いが日本では薄い。

・白粉は中国から舶載されていた。

・ヨーロッパでは鞭で打って息子を懲罰する。日本では滅多におこなわれない。

・日本では主人が死ぬと、日本ではある者は腹を裂き、指先を切り取って屍を焼く火の中に投げ込む。

・桜桃が日本に渡来したのは明治元年。

・ヨーロッパの劇は詩、日本の劇は散文。

・災害に対して日本人は悲痛を色に現わさない。

 

 

まだこの時代にはヨーロッパにはナイフとフォークがなく、手で食べていたことを

この本で知る。

| | 11:28 | comments(0) | - |
本のメモ 市原充 みゆき野物語

夷隅のことに詳しくなるためにはいい本。

土地に歴史あり、人に歴史あり。

南総の温暖なこの地域の文化的背景もわかる。

 

1609年、フィリピン長官ドン・ロドリゴ一行が御宿、上総岩和田沖で遭難した。

本多忠朝は遭難者を加護した。しかしその船長フワン・セピコは日本人の醜態を

観察していた。

「彼らは俊敏にして非常に風刺的だ。日本の貴族は見たところは自尊心に富み、

過度に恩を謝して丁寧だが、自己の利害に関しては無知である。

生活の貧しい者から権力者に至るまで、徳義を利欲まで後にしている」

遭難船サン・フランシス号から遠慮もなく貨財を奪い取った。

 

そんな出来事があったことや、夷隅に夢窓国師の座禅窟もあったこと、

一茶、子規が旅したことが分かった。

 

菜の花のかをりめでたき野糞かな

 

子規が下痢気味で大多喜にむかったとき詠んだ句。

面白い。

| | 22:20 | comments(0) | - |
伊八 妙法寺の龍

杉並の妙法寺へ。

初めて行った。立派なお寺であることを知った。

キーキーと鳴き声が聞こえる。

緑色の鳥が飛んでいる。

インコだ。

どうやら野生化したインコのようだ。

調べてみたらワカケホンセイインコとのこと。

お寺に住みついているのがいい。穏やかな場所なのかもしれない。

 

伊八が彫ったものがあると聞いていったが、伊八のみならず装飾が素晴らしい。

祖師堂の内部の数多あるひとつひとつ異なった鳥の天井の彫り物、豪華絢爛な欄間の彫り物。

このお寺が昔から権勢を保持していることがよくわかる。

 

伊八を見る。

どこからどこまでが伊八のものなのか、わからないがとにかく美しい。

 

 

龍が踊っている。

保護ネットがされているが、見ごたえ十分。

 

 

鋭い眼光と宝珠の金色が輝いている。

睨みをきかせて、邪気を追い返している。

 

 

 

 

うさぎの蟇股。

 

 

波と鯉。

 

 

仁王門の龍と波。

これは誰の彫り物なのだろうか。

 

丁寧な宮大工の仕事。

丁寧に仕上げられている作品を見ると心が晴れた。

 

伊八はわざわざ江戸の杉並まで来て彫っていた。

何日かけて鴨川からきていたのだろうか?

やはり木更津から船に乗ってきていたのだおろうか?

何日杉並堀之内に居たのだろうか?

 

知りたいことが多くなった。

 

キーキーとインコが鳴いている。

冬の澄んだ青い空に緑の羽根が溶け込む。

 

 

| | 14:44 | comments(0) | - |
房総 伊八巡り

透き通った青い空。純な冬の晴れ日。

快晴の房総半島は、春を先取りしたかのような、心地よい暖かさがある。

気分転換にはいい日和。この空のようにこころの靄を消し去りたいが、なかなか消えないのが残念。

俗っぽい欲を引きずる自分が嫌になる。

無心になれない自分の矮小さが、自分自身を小さくしているのだろう。

 

今日も房総半島を南下する。

長南の二つのお寺へ。

まずは、飯尾寺へ。

 

 

急な階段を上り本殿へ。

 

 

残念ながら欄間の龍はガラス越し。

63歳の作品。

心なしか優しい眼をしている気がする。

 

 

ただ外に本堂の施された獅子と象の、手水屋に施された獅子と、鳥の彫りものを見ているだけでも楽しい。

 

 

初代伊八ではないかも知らぬが、その流れをくむ彫刻。

どのような思いで、いにしえの名工たちは彫っていただろうか。

 

 

すやすやと寝ている小坊主の石像が居る。

頭を撫でて頭よくなることを願う。

 

称念寺へ。

大きな屋根が特徴。屋根が目立つ。その屋根の存在感で圧倒される。

 

 

山門。

特徴ある龍が配置されている。

 

 

舌が異様に長く、先端が丸まっている。

人をおちょくっているかのような舌。

 

本堂へ。

向拝の龍と鶴。

 

 

本堂内部を見る。

その欄間の龍は圧倒的。とにかく凄いの一言。

枠から自由奔放にはみ出てている龍。見ているものに鬼気迫るその迫力。

伊八の最晩年の作品だけある。この世に最後に一番の大作を残すという意志を感じさせる。

 

ただ、ガラス越しにしか見えないのが残念であるが、それでも圧倒的な龍。

多くの人に見て欲しい作品。

※写真はネットから拾ったもの。

 

房総半島を千葉方面に少し戻り、長柄の三島神社へ。

小さい神社。かつ、プレハブのような本殿。

本当にこんなところにあるのか?というような作り。

 

 

疑心暗鬼になりながらも、ここもガラス越しに中を覗いてみる。

目を凝らして、中の暗さに目が慣れてくると本尊の左右の奥に瀧と鯉の彫り物が見えた。

荒々しい瀧に挑む鯉。その果敢な魂を持ちたいと思わせる作品。

一度近くで見てみたい。

 

※写真はネットから拾ったもの。

 

再び房総半島を南下。

御宿の春日大社へ。

ここは残念ながら数年前に火災で本殿が焼失してしまった神社。

伊八の彫刻を見てみたかった。

でも、真新しい本殿が再興されていたのが良かった。

 

 

 

様々な色に塗られているいろんな大きさの瓢箪が飾られている。

人を明るくする彩色。

不幸な出来事を忘れさせてくれる。

気分がよくなった。

 

海辺の方へ車を走らせる。

最明寺へ。

ここの本堂の獅子と象が伊八。

 

 

緻密な伊八の彫刻の裏に、漫画的な動物の彫刻があった。

ゆるキャラだ。猫なのだろうか?虎なのだろうか。

 

 

見ていたら住職さんにどうぞゆっくりしてくださいと言われる。

開放的なお寺だと気分が良くなった。

人とのふれあいは気持ちいい。

 

月の沙漠記念館に立ち寄り、その後に海辺のお店で海鮮丼を食したあとに、

勝浦の覚翁寺へ。

勝浦の朝市が行われる市街地にあるお寺。

ここの本堂も残念ながら開放されておらず、ガラス越しに眺める。

 

※写真はネットから拾ったもの。

 

目の前にお墓があり、地元の人がお墓の清掃をしている。

こんな晴れた日にお墓をきれいにしてもらえると、お先祖さんも気分がいいだろう。

ここの鐘楼の彫刻も素晴らしい。嶋村という文字が見える。

 

 

名立たる人が彫ったもであることは、その作品を見て分かる。

鐘を吊るす天井の龍も素晴らしい。

 

 

鯛の浦の誕生寺へ。

 

 

その参道に伊八の情報発信の場所があるので立ち寄る。

鴨川市内のお寺、神社の伊八の等身大の彫り物の写真がある。

いらっしゃる方が伊八を郷土の誇りとして紹介しているのが好ましい。

この方も称念寺の龍が一番すごいと言う。

納得をする。

伊八の主要な作品が乗っている写真集が売られていたので購入。

三島神社が載っているのが嬉しい。

家でゆっくり読もう。

行政がもっといろいろとアピールしてくれるといいんだけどねえ。

確かにそう思う。

 

 

4代伊八の作品。

海の中に居る犀。珍しい。

 

 

誕生寺の太田堂には、三代目伊八の作品がある。

表は龍、裏が海と鰤。

表裏に違う作品が彫られているのも珍しい。

 

 

 

 

南総はやはり暖かい。

生パインのアイスを参道のお店で購入。食べながら車を走らせて、鴨川市街地へ。

鏡忍寺へ。

 

 

新しい祖師堂。そこに、伊八の作品がある。

酔っぱらっている七福神。愉快愉快。

ここも残念ながらガラス越しだった。

 

※写真はネットから拾ったもの。

 

側面には、力士の彫り物がある。おそらくそれも伊八の力士像のモチーフでできているはず。

デフォルメされた力士像。これも楽しい。

 

 

このお寺には大きな槙の老木が立っている。

その木を見に来ていた介護施設のワゴン車があった。

老人が見たがったのかもしれない。

 

 

最後に鴨川郷土博物館へ。

廻塚の伊八という企画展が開催されていた。

ここに置かれていた伊八の小さな大黒さま。

笑顔がなんとも人間味がある。人の好さが滲み出ている顔。

 

 

ここに、一メートル程度の幅の龍の小品があった。

緻密、繊細な龍と波が彫られている。

もし、この作品が家にあったなら、毎日がどれだけ楽しいだろうか。

 

二階には廃寺となってしまった舎那院の欄間の作品が飾られている。

21歳という若い時代の作品。

21歳のときにこんな作品を残せたということに、驚く。

名工と言われる所以。

 

 

今日はガラス越しに作品を凝視してみたこともあって疲れてきた。

日が暮れる前に帰ろう。

3時半すぎに長狭街道を走り保田まででて館山道に入り帰路についた。

 

 

| | 18:17 | comments(0) | - |
本のメモ 吉野源三郎 君たちはどう生きるか

漫画で人気がでた本作品。

子供の頃にあったこと。悔しかった気持ちを思いだした。

 

コペルくんはマーケティング視点の主人公の名前であるとセミナーで聞いた。

だからこの本はマーケティングの本である。と。

人に薦められると本の読み方、見方が変わる。

 

・自分ばかりを中心にして、ものごとを判断していくと、世の中のほんとうのことも、ついに知らないことができてしまう。

・見ず知らずの他人同士のあいだに、考えてみると切っても切れないような関係ができている。

・ナポレオンの話。イギリスのとらわれの身となっても王者の誇りを失わず、自分のまねいた運命を、男らしく引き受けてしっかりと立っていた。その姿を見たイギリス人は敬意を表した。

 

 

 

 

 

| | 00:00 | comments(0) | - |
本のメモ 元谷芙美子 強運

アパホテルに置いてあった本。

 

前向きに生きていける本。

以下メモ

 

・ピンチはチャンスに変える。

・感謝の気持ちを毎日言葉にして伝える。

・心身の健康が最重要のテーマ。

・気を立てて生きる。

・地道に種をまく。

・自分の仕事が社会のために役立っていると意識することがやりがいを感じる。

・発想は移動距離に比例する。

 

 

| | 23:26 | comments(0) | - |
いすみ 伊八巡り

朝に車を出す。

今日は曇天。天気予報では荒天になる予定。

比較的天気がいい午前中にまわろう。

 

光福寺へ。

車を境内に入れたら、住職さんが出てくる。

お墓参り?

いえ、伊八を見たくて。

早いねえ。

時計は朝八時。

 

猫が車のエンジンを聞きつけて参道にやってきて、にゃあにゃあとないている。

白い猫。

 

 

下に居る野良だねぇ。お腹が空くときてなついてくる。

食べたらすぐにどっかにいっちゃうよ。

4歳ぐらいだからよく食べるよ。

私よりいいものを食べさせてあげてるよ。

 

いろいろと説明をしてくれる。

 

 

伊八は宮大工。昔は宮大工はお酒を飲ませてくれたら来てくれたんだね。

私は、波と鯉が好きだね。

 

 

この写真はうまく撮れていないが、確かに素敵な小品だった。

 

兎も肉感的でいいよ。

 

 

確かにいい兎である。

 

ここは昔は大きなお寺だったんだよ。

神仏分離、農地改革で変わったんだね。

栄枯盛衰だね。

 

荒城の月を歌っていただく。

 

天上影は変わらねど 栄枯(えいこ)は移る世の姿
映さんとてか今も尚 ああ荒城の夜半の月

 

月は変わらないけど、世の中は変わっていく。

でも今はいい時代だね。

 

 

陽が差してきて、鐘楼に輝いて見えた。

 

長福寺へ。

 

静かなお寺。

 

 

いい槙の木があった。

 

 

本堂に入らせていただく。

灯りはついているが、人がいない。

静寂の中の欄干に伊八がある。

 

 

波に麒麟。

 

 

 

波雲に龍。

 

 

誰もいない、冷える本堂で静かな場所で見る伊八もいい。

 

山門の前にある地蔵さん。

 

 

奥のお地蔵さんの頭が小さいのが特徴的。

 

行元寺へ。

立派な山門。

 

 

 

ここのお寺で有名なのは波と宝珠。

なんとなく行きそびれていたお寺。

土、日、祝の10時から3時半まで開放をしている。

 

撮影禁止なのが残念だが、その分真剣に見る。

 

この波の図はやはり素晴らしい。

太東埼の荒々しい波。

北斎はやっぱりこの彫刻を見ていたのだろう。

素晴らしい。

 

 

ボランティアの方が懇切丁寧に説明をしてくれる。

このお寺が武田家、徳川家に庇護されていたこともよく説明をしてくれる。

 

本堂の欄干の高松又八の豪華絢爛の彫刻も素晴らしい。

5年かけて改修をしていたその時に高松又八のものと分かったとのこと。

岩絵具は塗ると言わない。置くと言う。

中にはアフガニスタンから岩も使われている。

ラピスラズリという石。当時から交流があったんですね。

 

 

唐獅子と獏。

これも高松又八の作品とのこと。

 

雨がちらついてきた。

本堂は冷える。芯から冷える。

 

成人式の日はあまり天気がいいイメージがないですね。

そうですなあ。

 

早めに家に帰ることにする。

また近いうちに出かけよう。

 

| | 20:00 | comments(0) | - |
笠森観音と伊八巡り 2

車を走らせ金乗院へ。

立派な山門がある。

 

 

この山門にも波の彫刻が彫られている。

この波も荒々しい。

これでもか!というぐらいに彫られている。

 

 

外房の荒れた海。その海が三層にわたっている。

これは誰が彫ったのだろうか。

できた当時に彩色がされていたとするならば、きっと豪華絢爛であっただろう。

 

大日如来堂。

 

向拝の龍。

結界に邪悪なものを寄せ付けないかの如く睨みをきかせている龍。

 

立派なハチの巣もあるのはご愛敬。まるで彫刻の一部のようだ。

冬だからハチも活動をしていないのだろう。

 

 

お堂内部の欄干。

これは陽気な彫り物。

波のうえで、酒仙の図。仙人たち酒に酔っている、笑いながら歌って踊っている。

人生を謳歌している図。鶴と亀もそこにはいて、吉を観た人にもたらす。

見ているだけで陽気になる。

 

伊八もお酒を好んだと言われている。

お酒を飲みながらこの酒仙の図を彫ったのだろうか。

 

ここもあまり人がいない。

歳おえたおばあさんとその息子さんであろう初老の男性が、おばあさんの手を引きながらお参りをしていた。

お堂のまえに供えられているハトサブレを見て、私も買ってきたらよかったかねえと、言っていた。

 

次は石堂寺へ。

本堂では祈祷をしていた。

お坊さんが、対応をしてくれる。

伊八を見たいのですが。

下の社務所にあります、行ったらインターフォンを鳴らしてください。

拝観料は300円です。

と懇切丁寧に案内をしてくれる。

 

 

社務所へ行く。

インターフォンを鳴らす。

住職の奥さんが出てくる。

伊八を見たいのですが。

お若いのに、、どうぞどうぞ。

若いと言われたことは久しぶり。場所によっては若くなる。

 

 

もともと多宝堂に設置されていたもので、修繕をしたときに外されたみたいですよ。

私たちが来た時には野ざらしにされていたんですよ。

盗まれなくてよかったです。

私たちは別のお寺にいたんですけど、前の方が跡取りがいなくて私たちがきたんですよ。

三男だったからこれたんですよ。

 

ここにも後継者問題が介在していることを知る。

 

龍、麒麟、鶴、兎などが彫られている。16面。

ここも波が描かれている。

 

 

 

 

この図の奥行きが素晴らしい。惚れ惚れする遠近感。

 

北斎は海外までいったけど、伊八はいっていないのは無念でしょう。

伊八は海に馬に乗って入って観察をしていたんですよ。

 

16面も見れるのは壮観であった。

 

真野寺へ。

ここは初詣客でにぎわいを見せていた。

 

 

伊八を見たいんです。

上の本堂の欄干にありますよ。どう見ててください。

 

 

 

龍。

波とともに舞う。

欄干から飛び出しそうでもあり、押し込められているかでもあり。

 

この龍も宝珠を握っている。

ほしい物が思いのままに出せるという玉。

 

今回の伊八巡りは終了。

鴨川市内へ向かって先輩と旧交を温める。

松鮨。

眩暈がするという旧友も相談をする。

気にすることはないよ。

先輩が言うと説得力がある。

 

楽しい時間は瞬く間に過ぎ去っていく。

 

 

帰りは館山の北条海岸へよった方がいいよ。冬の晴れた日は夕陽と富士と大島がよく見えるよ。

別れを告げ、館山へ向かう。

紅色の中の目の間に、黒く影になった富士がある。

関西からきている旧友は滅多に富士が見ることができない。

見ることができて良かった。という。

心の故郷、富士。

左手には大島が近くにある。

 

 

いい新年があけた。

 

 

 

 

 

 

| | 18:36 | comments(0) | - |
笠森観音と伊八巡り 1

鴨川で先輩を昼食を一緒にする約束がある。

その約束までに伊八をめぐる旅をしたいと思った。

早々に車を出して房総半島をめぐる。

 

まずは笠森観音へ。

ここは伊八とは関係はないが、立ち寄りたくなった。

 

私はここは名刹だと思っている。

大きな石の上に建てられた、いい建物である。

 

 

ここに来ると心が落ち着く。

 

 

 

山門に居る笑っている神。

目の前には閻魔が睨んでいる。

そこに対峙をして笑っている神。

彫り師はどのような心情で彫っていたのだろうか。

 

真光寺へ。

ここは山門が美しい。

山門を見るだけでも価値がある。

 

 

 

この山門に伊八の彫り物がある。

 

 

 

やはり波が素晴らしい。

 

残念ながら、ここには参拝者がいなかった。

寂しい。

 

 

鴨川へ。

伊八の生誕地。

大山寺へ。

急な参道の階段を上った山の上にある寺。

 

 

この本堂に伊八がいる。

 

 

波と龍。

鮮やかな色がついている龍も珍しい。

 

本堂の中の神もいい。

味がある。

 

 

鴨川方面を眺める。

外房の海も見える。

 

 

 

鐘が鳴る。

見ていると、あなたたちも叩きなさいと薦められる。

いい音が響く。

あんた、中に入ってみなさい。

私が鐘の中に入る。

おじさんが思い切り鐘をたたく。

鼓膜が震える。

おじさんが笑っている。

初笑い。

 

もう少し山を登ると富士山が見えますよ。

おばさんが言う。

 

おじいさんたちが、降りてきた。

富士山見えましたか?

今日は白い富士山が見えたよ。

見えるのは5分ぐらい上ったところですか?

いや、8分ぐらいでしょう。

 

さあ、登ろう。

山道に仏が並んでいる。

首がないものが多い。

廃仏毀釈時代の影響か。

その姿を見ると悲しくなる。

 

 

 

あがったら神社がでてきた。

 

 

 

その先に浅間の碑があった。

ここから富士山が見える証拠。

木々の間から富士が拝めた。

 

 

写真ではうまく伝わらないが、その存在感は抜群であった。

2018年の初富士。

 

降りてきたら、おじいさんがタバコを吸いながら聞いてきた。

富士は見えたかね。

よく見えました。よかったです。

そうでしょう。そうでしょう。

 

参拝のお客さんは少なかったが、いいお寺であった。

また来よう。そう思う寺であった。

さて次の伊八を見に行こう。

 

 

 

 

| | 11:11 | comments(0) | - |
2018 初日の出

5時前に起きて準備をして、車を出す。

九十九里まで行って初日の出を見よう。

白子から九十九有料道路を走り、白里の方へ。

料金を払うと犬のキーホルダーが入った年賀の袋が手渡された。

今年は戌年。

そうか。今年は戌である。

次に戌がくるときは60歳になることになる。

その頃の自分は何をしているのだろうか?考えにくい。

ただただ好奇心だけは持っていたい。そう思う。

 

天気予報が外れ、いい天気。

寒い中、肩をすぼめながら

多くの人が海岸で日の出を待っている。

 

 

 

穏やかな波。

水平線の向こう側に雲がある。

その雲の隙間から陽が差していく。

 

 

2018年の朝が明けた。

陽が明けたら、早々に車を出して、一宮のパーキングでトン汁を食べ、暖をとる。

そのまま、鴨川を抜け、野島崎で海鮮丼をいただく。

館山を抜け、館山道を通り帰宅。

 

そんな2018年が幕開けした。

 

 

| | 10:48 | comments(0) | - |