CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>
SPONSORED LINKS
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
CHECK
無料カウンター
TEST
check2
CHECK3
あわせて読みたい
CHECK4
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

Higashi Ginza Sweet Life

東銀座は今日も魚そして海の潮の香りがしています。
4月30日 日曜日

小春日和というより、初夏の日差し。

夏はもうすぐそこにある。

 

車を出して、都内まで。

ゴールデンウィークの中日ということもあって、都心に向かうときも、都内を走っている

ときも、ともに道は空いている。

 

靖国神社へ。

ここに来るのは、現在関西で施設に入っている祖母と一緒に小学生時代に来て以来かもしれない。

その頃祖母も関西に住んでいて、わざわざ東京まで来たはずで、祖母のたって願いで靖国神社に来たはず。

その時も、遊就館があって、祖母と一緒に観覧した記憶がある。

若くして亡くなった戦神の遺書を見て、子供ながらに痛ましく、またその時代の酷さを感じた。

 

銀杏並木の参道を歩く。

抜けた空に映える道。

 

 

壮大な鳥居と神門。

 

 

 

遊就館へ。

重厚なSLが展示されている。

 

 

遊就館所蔵「甲冑武具展 ― 戦国時代-江戸時代 ―」が開催されていた。

 

 

秀吉が好んだという、黒漆塗兎耳形兜鉢

兎は足が速いという縁起からできたもの。

 

 

安土桃山時代の甲冑。

よく当時ものがいまの世に残っているものだ。

それだけで関心をする。

 

 

常設展には、多くの靖国の神々が祀られている。

小学生の時に見たときのおどろおどろしさは無くなっていた。

戦時から月日が流れたからか。

若い人たちの勇ましい顔。

ふとその人の亡くなった場所を読めば、インドネシアの文字が。

私が去年の9月まで居たあの地でも多くの人が亡くなっている事実、そのこと噛みしめる。

あの地で見た、ジャワの島の海に向かって設置されていた錆びついた砲台、日本軍によって

作られた湿っぽく淀み、蝙蝠が住み着いていた洞窟。そこに多くの日本人が戦争という有事に居て

活動をしていた。

 

遊就館を出れば、相変わらず澄んだ青い空があって、そこは穏やかな休日があった。

 

その後、昭和館に行き、高橋春人のポスターを見る。

 

 

時代を映すポスター。

戦前は国威発揚の内容、そして焦土と化した東京のスケッチを描いてまわり、

戦後は復興へ向けた助け合い、日本赤十字の共同募金、

そしてスポーツの祭典パラリンピックへ。

時代が平和になっていくことがよく分かる。

 

その後、青山スパイラルへライゾマ10。

ライゾマの10周年企画展。

 

 

 

表参道を少しばかり歩く。

 

 

 

 

車が少ない東京はどこかゆとりを感じさせる。

 

表参道ヒルズで、写真家・奥山由之による写真展「君の住む街」。

女の子たちが淡い景色のなかで、淡く居る。

 

 

 

 

 

 

展覧会会場にコンビニを模したショップがあって、そこはこの写真展のカタログだけが

販売されていた。

店員さんもコンビニのようなユニフォームを着ている。

面白い。

 

同潤会アパートもなくなって、

学生の頃にちょっとだけたずさったシャンゼリゼ会の事務局の女の人も亡くなって、

でも街は変わらずにあり、人も居る。

気がつけば自分が歳を重ね、笑顔で表参道を闊歩する若い子たちを見て、

人は入れ替わっていくということを認識する。

 

| 日常 | 16:44 | comments(0) | - |
或る日の成田 そして

4月8日

インドネシアからの来客。

朝に車を出して、成田空港第二ターミナルまで迎えに行く。

インドネシアに私がいた時に、お世話になったことへの返礼。

彼は、ひとりで住んでいる私のことを気遣ってくれて、よく週末に案内をしてくれた。

 

生憎の雨模様。

せっかく今年の桜は遅く、彼が来るまで残っていくれたのに、残念。

 

成田に着いても通常は東京に多くの人は直接出ていってしまう。

少しは成田という街を知ってもらってもいいだろう。

ということで成田山に彼を連れていく。

 

雨が降る中の参拝も、悪くはない。

 

 

 

 

 

 

ちょうど、お釈迦さまの生誕を祝う、花祭りが開催されていた。

 

 

 

お坊さんたちが脱いだ草履。

彼が興味を持って写真を撮っていたので、私も一枚。

彼は写真を撮るのが趣味。芸術的な視点、観点を持つ。

行動を共にしていると面白い。

 

 

お経を聞く。

心が洗われる気がする。

世間とは違う何かと結ばれる場所。

 

参道の川豊に行き、ウナギを食す。

 

 

 

タイの女の子が、お店の人に声をかけている。

どうやら首に巻いていたスカーフを何処かで無くしてしまったようだ。

お店のまわりを探してみたが見当たらない。

 

鰻と、鯉こくをいただき身体を温める。

雨に濡れて少しばかり寒い。

 

 

 

4月16日

ソメイヨシノは散ってしまったが、八重桜はまだ咲いている。

 

 

千葉寺の桜を今年は見逃した。

今日、行ってみたが、残念ながら散っていた。

枝垂れ桜がかろうじて、本堂の前に彩を添えていた。

 

今日は第三日曜日。

どうやら骨董市が開催されるようだ。

境内にシートを敷いて、骨董というよりガラクタが置かれている。

福助があれば、と思ったが残念ながら売っていなかった。

 

 

| 日常 | 17:28 | comments(0) | - |
ハロイン

しばらく海外に居を構えていた間に、そう、知らぬ間に日本でハロインが盛り上がっていた。

確かにSNSでは、ハロインの仮装をさせた子供の写真が多かった。

 

11月30日、たまたま渋谷で会食があった。

渋谷の主たる道は歩行者天国になって、思い思いの服装をした若者あふれていた。

そこは現実か、ゲーム、アニメの中か。

ケータイで写真を撮りあっている。

その空間には、スーツ姿のサラリーマンは、ほとんどいない。

 

 

109の下では、仮装用の特設コスメブースが設置されていた。

 

 

 

 

 

 

 

外国人も来て仮装をしている。

日本のコスプレは文化となっている。

 

 

暴走族も仮装をして徘徊していた。

 

それにしてもこのカオスの空間には、ビックリした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| 日常 | 20:59 | comments(0) | - |
永遠たるモノ
永遠たるモノを求め
永遠たるモノを手に入れる
死するモノ
死するモノの刹那に
死するモノの輝きを見つける

死するモノに 永遠を見つける
| 日常 | 23:06 | comments(0) | - |
ホームライナー千葉5号

休み前の木曜日

ある案件の忘年会を築地の築地たぬきや。
伊勢海老あんこう鍋コース。
料理の量の多さにびっくり。
時間切れで、残しまくってしまった。もったいない。
最後の締めの寿司は、お店を追い出されるときに立ち食い状態であった。

平均年齢は、恐らく50歳半ばか。
映像のお仕事の方お二人(取材で真っ黒になられている)、会社のOBの方がお二人
(若々しい!現役より若い!)そして、会社の同僚。

話しはいろんなところに飛ぶ。
京都の鴨川にカピバラみたいな動物が繁殖しているとか(ヌートリアという動物らしい)、
イスラム圏での仕事の仕方とか、アマゾン川には、イカとタコ以外生存しているとか、
マイルスデービスがCM撮影が終わった後に中華料理屋へ行き、高級メニューを何個も
注文したが、それぞれの皿をちょこっとしか手をつけずに帰っていって、プロデューサーから
怒られた話しとか、南洋の島の食事で白子かと思ったら羊の脳みそだったということとか。
ラピタ文明の土器の文様は、南洋の島の伝統的刺青の文様に似ている等々。
話しは尽きない。

家の方向が近いOBのOさんと一緒に帰ることにした。
東京駅まで出て、ホームライナーに乗ることにした。
東京にいたのは、22時25分。発車時刻は、22時28分発。
乗車券の自動販売機前には、多くの人が列をなしていた。

ホームライナーの中でも、話しはいろいろと続く。
他の人たちは、疲れ果てて寝ているか、イヤフォンをして自分の世界に入っているか、
はたまた、缶ビールを呑みながら一人で晩酌を楽しんでいるか。
(Oさんの横の席の女性は缶ビールを呑みながらポテトチップスを食べていた)
レールの音と、我々以外はとにかく静かである。
暗闇の中を津田沼まで停まらずに電車は走る。
我々は、環境の話し、最近できた美術館の話し、ベトナムと中国の国境近くのリゾートの
話し等々。

ホームライナーは、ひたすら走る。
暗闇の中をまっすぐに。
ふと、思う。
静かにしている人たちは、何処へ運ばれるのだろう?
まるで、死体を運んでいるかのような…。
あまり良いとはいえない世界へ運ばれてしまうかのような錯覚。
それがどんな世界なのか分からない。

終着駅につく。
乗り換えの電車が待っている。
その電車は車両が短いのか、はたまはた間隔があいているのか、23時台としては
信じがたいほどの満員電車。その電車にOさんは乗り込んでいった。
また、来年よろしくお願いします。
満員電車の中でOさんは片手をあげた。

さて、来年はどんな年になるのだろう。
改札口あたりの人ごみに揉まれながら、そんなことを考えた。
答えはでないと思いながら。


| 日常 | 21:39 | comments(0) | - |
トンネルを抜ける










| 日常 | 23:59 | comments(0) | - |
自分の足で歩くしかない

朝日新聞に掲載されていた、藤原新也氏の言葉がよかった。
今、生きることの指針。

今、前向きに生きるコツは、頭より体を優先させること。
こんな状況で頭ばかり働かせると、悲観の悪循環に落ち込む。
抱えきれない悩みのある人がお遍路で四国を旅すると、
何も解決していないのに歩くうちに悩みが軽くなることがある。
体の軸が頭から体に移るからだ。
体は生きようとする生理をもっている。
それが「林檎の木を植える」ということだ。


「たとえ明日世界が滅びようと、わたしは今日林檎の木を植える」はルターの言葉。

| 日常 | 22:00 | comments(0) | - |
石の招き猫

骨董屋さんで見かけた招き猫。
石でできている。
玄関に置くのだろうか。
目がちょっと恐い。

| 日常 | 17:54 | comments(0) | - |
ブルーベリー

知人の同級生が経営しているという農園からブルーベリーをいただく。
大粒で新鮮なブルーベリーで、品評会で受賞もしたとのこと。
凍らせても美味しい。
いくつでも食べられる。


| 日常 | 15:46 | comments(0) | - |
お直し内容

洋服直しセンターのイラスト。
どうです?これは昭和でしょう。
手づくり感があります。
丁寧に修繕してくれそう。



最近、服を直して着る人が増えたとのこと。

いい物を長く丁寧に愛用するのが、かっこいい気がします。

| 日常 | 14:43 | comments(0) | - |