CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
SPONSORED LINKS
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
CHECK
無料カウンター
TEST
check2
CHECK3
あわせて読みたい
CHECK4
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

Higashi Ginza Sweet Life

東銀座は今日も魚そして海の潮の香りがしています。
いちはら アートXミックス

1日目

 

市原へ。

里山の雰囲気が多い市原。

ちょっと車を走らせただけで、入梅前の太陽に照らされた新緑が美しい。

田んぼには田植えが終わったばかり。まだ背が低い稲。水面に空と雲と新緑が映っている。

そんな光景の中、車を走らせるだけで気分が軽やかになる。

悩んでいることが些細なことであることを、光景が気づかせてくれる。

 

ローカル線の色が濃い小湊鉄道沿いに分散して会場があるいちはらアートXミックスへ。

ゴールデンウイークの真っただ中ということもあり、人が多くでていて、どこの会場も賑わっていた。

車両が短い小湊鉄道にも多くの人が乗っている。

 

まずは里見駅近くの旧里見小学校の会場へ。

 

 

花壇の花が陽に照らされて美しい。

 

 

土のレストラン。

土の匂いを嗅ぐ。

土の匂いは、どこか懐かしい気がする。

確かに歳をとってから、土を弄るといことをまったくしていないことに気付く。

 

 

古い工具をつかったアート。

たこ星人という言葉が気にいった。

 

教室がアートの展示室になっていたり、コーヒーショップになっていたり、

ワークショップを行う場所だったり。

廃校もしくは移転した学校を使うことはいいこと。

小学生はもとより大人たちも集い、学べることは学び舎としての責務を全うしているといえる。

 

教室だから、各部屋には黒板があって、懐かしい文字が並ぶ。

 

 

小学校時代はなぜか、今から思えば一日が長かった。

思いっきり笑っていた。

駆けることも苦痛じゃなかった。廊下を走ってよく怒られたっけ。

今から思えば、その頃の先生は今の自分の歳より全然若かかった。

 

 

 

黒板に山頭火の文字を見つけた。

何年も山頭火という名前を忘れていた。

そして、山頭火のような生き方に憧れた自分を思いだした。

地方を巡り、いろんな風景を見て、いろんな人と出会い、詩を書く。

このような生き方をした近い時代の人は山下清かもしれない。

 

 

 

仲田絵美さんという方の写真と文章。

不確かな輪郭の写真と生きることの不確かさ。

いい文章だった。

 

 

階段の踊り場に鏡があって、贈の言葉が。

確かに小学校にはそんな備品が多々あった。

そして、大きな鏡は人から贈呈されるものだった。

 

 

月駅に行く。

ちょうど長い車両の小湊鉄道が入線してきたところだった。

4両。

こんなに長い車両の小湊鉄道を見たのは初めてだった。

最終車両がホームにたどり着かず、車掌さんが運転手さんに、

もうちょっと前へと手で合図をしていた。

ノンビリとした田舎の光景。

 

 

 

 

月駅の前に、森のラジオという作品が展示されていた。

小湊鉄道の詰め所が作品になった空間。

新緑に囲まれて、おとぎ話に出てきそうな光景。

 

 

 

 

 

受信機が置いてあって、ヘッドホンをすると、今の森の小鳥の囀りが聞こえてくる。

昔、千葉市科学館にあったサウンドバムというプロジェクトを思いだした。

音は人の想像力を高める。

 

 

 

いちはらクオードの森近くの地層と鯉のぼり。

自然が創り出す芸術には適わない。

太陽が一番明るいように。

 

 

旧白鳥小学校へ。

ここには市原ぞうの国のアジアゾウ「ゆめ花」が鼻で描いた作品が掲出されていた。

とにかくその絵と文字に吃驚した。

本当に絵をゾウが描いたのか?

ゾウはどのようにして描いたのか?

ゾウには絵心があるのか?

いろんな謎が頭の中を駆け巡る。

 

 

 

 

 

https://www.youtube.com/watch?v=c6SQ7wT0Wfc

 

 

小学校で使用されていハンコがあった。

ハンコを押されたものはなんとなく神聖なる雰囲気、公式感があったことを思いだした。

金賞、銀賞。

 

公民館では中井精也の写真展をやっていた。

小湊鉄道がいろんな風景を作り出している。

一瞬の輝き。その瞬間。

 

 

 

 

飯給駅へ。

 

 

ここには駅前にトイレのアートが展示されている。

なんの変哲もない駅がアートによって人が集まる。

 

 

開放的なトイレ。

人は自然に還る。

 

近くの水田からはカエルの合唱が聞こえてくる。

 

ちょうど駅に小湊鉄道が駅に着き、数人のお客さんをおろし、

養老渓谷の方へゆっくりと進んでいった。

 

 

 

市原湖畔美術館へ。

カールステン・ニコライ:Parallax パララックス展が開催されていた。

 

視覚の錯覚。

暗闇の中で、広い空間に居るかのような感覚。

身体が宙に浮いたような。

デジタルアートで体感できる身体の浮遊感。

 

 

2日目

 

昨日回りきれなかったところに行こう。

今年のゴールデンウイークは天候に恵まれている。

春の太陽が生命の息吹をさんさんと照らす、美しい日。

生命の力を感じさせ、生きることの素晴らしさを感じさせる日。

 

 

五井駅の小湊鉄道の本社へ。

入ると、宿直室があって、布団が敷かれていた。

 

 

 

 

 

 

小湊鉄道の100年の歩み。

 

ちょうど五井駅から一両編成の列車が出発をするところだった。

 

 

 

 

牛久、内田エリアへ。

昭和41年に移転した内田小学校へ。

木造校舎がいい味を出している。

多くの刺繍の蝶が舞っている。

 

見ていて小泉八雲の蝶という文章を思いだした。

日本人は蝶を人として見做す。

確かに

番いでひらひらと舞うモンシロチョウを見て、恋人たちの愛を紡いでいる姿を想う。

 

 

 

 

畳でできた手帳カバー、財布の肌触りが良かった。

 

 

 

高滝湖のイチマルへ。

カラフルなトタンの小屋がならんでいる。

サーカスのような、空間。

そこには人々の微笑みどことなく儚さと。

 

 

 

足湯は残念ながら休業中。

この移動式足湯のアイデアは面白い。

 

あそうばらの谷へ。

タイガー立石が住んでいた民家。

 

 

 

 

養老渓谷の近くで鳴いている鳥なのか?カエルなのか?

クロクロと特徴がある声で鳴いていた。

 

最後は旧月出小学校へ。

途中の道に山藤の可憐な紫の花が見える。

今の時期に山に彩りを添える色。

 

 

 

来年も行こう。

天気がよければ。

 

 

| アート | 06:08 | comments(0) | - |
ggg 仲條正義 IN & OUT, あるいは飲&嘔吐

間に合った。

最終日。

銀座は職場から近いのに、行かない。行く気になれない。

人生からしたら大した時間じゃないのに。

迷ったらGO

お袋の言葉。

そうだ、迷ったらGO

 

 

 

 

いろんな富士がある。

この富士を見ただけで幸せな気分になった。

 

フジノヤマイ

 

| アート | 21:45 | comments(0) | - |
MEMO 日本を再発見するデザイン

2月、JAPANSHOPのセミナーに参加。

モノを買う人はインターネットでモノを買う。空間づくりは今まで以上に大事になる。

 

柏木博さんの日本再発見についての話しを聞く。

以下メモ。

日本の美意識とは何か?

日本の文化に潜んでいるもの

 

哀しみ、喜び、クラフト、心配り、コンパクト、カワイイ、フェミニン、フレキシブル

 

お金を渡すときに丁寧に渡す。紙に包む。

 

本を包む。スリップケースは海外にはない。

 

風呂敷 柔らかい

 

壊れたもの慈しみ

つぎを当てるのは、恥ずかしくない。

金継ぎ 呼継ぎ 

傷を残す。

 

千利休 竹花入

わざと水が零れる

 

 

 

ママチャリというものは北米にはない。

 

日本は手弱女文化。益荒男は明治からの文化ではないか。

鳥居清長の絵は男か女か、わからない。極めてフェミニン。

 

 

日本の美、を発見したのは外国から来た人。

Bruno Taut 商工省の招聘で来た人。桂離宮の美しさに気が付いた人。

Charlotte Perriand 竹の椅子

 

 

 

| アート | 07:10 | comments(0) | - |
スーパー浮世絵 江戸の秘密展

 

茅場町のスーパー浮世絵展へ。

ビルが全部アートスペースになっている場所。

エレベータに乗って上から下に降りていく企画。

スタートはお江戸日本橋。

 

 

江戸の四季。

一張羅をお洒落に着こなした江戸の人達。

不忍の池が冬の景色を楽しむ場だったことを知る。

 

 

江戸時代の娯楽のひとつ。

猿楽町の芝居小屋の賑わい。

 

 

役者の大首絵。

ブロマイド。

 

 

富嶽百景。

荒波の中の漁師と富士。

この富士はよくよく考えると雪があるということは冬、ということなのだ。

 

 

こんな屏風があったら怖い。

ホラーも江戸時代の娯楽。

 

 

画狂人北斎のお化け。

妖怪ウオッチの人気を考えると、日本人は江戸時代からお化けが好きなのだ。

 

 

吉原の格子窓から微笑みかける花魁。

 

 

 

浮世絵が動く、それによって江戸が近くなった。

いい企画展。

 

 

| アート | 23:27 | comments(0) | - |
千葉市美術館 ブラティスラヴァ世界絵本原画展 − 絵本の50年 これまでとこれから−

千葉市美術館へ。

絵本の絵の原画と、その絵本が展示されている。

楽しい企画展で、子供たちも多く来場していて喜んでいる。

地下駐車場の平面駐車場が満車になっていて駐車待ちの列ができていたのはその理由。

 

ヴェロニカ ホレツォヴァー クリ−モーヴァー Veronika Holecová Klímová

が描く絵が美しい。

観た人を惹きつける。

 

 

 

http://veronikaklimova.sk/

 

この人の描いたインドネシアという絵が素敵であった。

ネット上でこの絵が探せないのが残念。

 

 

| アート | 20:34 | comments(0) | - |
SKIP シティ 映像ミュージアム あそぶ!ゲーム展

埼玉の川口方面へ。

首都高の環状線、荒川沿いを走っていく。

ここからの風景は気持ちいい。

今日は澄み渡っているわけではなく、少し霞みがかったいたが、新宿の高層ビルまで見えるし、遠くの秩父の山並み、

神奈川の大山、それに覆いかぶさる富士山、眼の前にスカイツリー、角度を変えてみれば筑波山。

事故もなくスムーズに北上する。千住のあたりから、富士山がより大きくなっていく。

なんという存在感だろう。

うらわ美術館の後、川口のSKIP シティへ。南浦和は競馬場へ行く人たちの波。ピストンバスに乗り込んでいる。

師走、最後のギャンブルか。疲れた親父さんが多い。

 

SKIPシティではあそぶ!ゲーム展をやっていた。

入ってすぐにゼビウスが置かれている。

中学校時代だったか?

ゲームセンター、もしくはジャスコでよく遊んでいた。

一体幾らを費やしただろうか?当時の小遣いは一体いくらだったんだ?

たこ焼きを食べながら。

関西の地方都市に住む、平凡な学生の日常の一部になっていた。

 

 

小学生に時代を巻きもどせば、ゲームウオッチを買うことが流行った。

持っていたのはモグラタタキ。オクトパスを持っている友達とかと交換をしながら遊んだっけ。

任天堂という会社の名前がゲーム会社であることを知って、何となく違和感を感じ、

小さい電池の存在を初めて知ったのもこのゲームを持ってからだ。

 

インベーダーゲーム。ちょうど、ビデオデッキが家庭に普及し始めたころ。

中学時代、喫茶店で置かれていたものを払い下げてもらっていた、友人の自宅に置かれていて、無料でインベーダーゲームができることが嬉しくて、学校が終わったら勉強をするという口実で、いっつも遊びに行っていた。

もう一人の友達の家には古いパチンコ台もあったっけ。

平安京エイリアン、ギャラクシアン。

懐かしいゲームの名前を思いだす。

 

高校時代。

中途半端な進学校で、中途半端な部活に入り、中途半端な日常が流れ。

ボーリング場に行って、そこでゲームして。

ハングオンが登場したときは驚いた。こんなに楽しいゲームがあるのかと。

そして家では誰もがファミコンに熱中をしていた。

 

さて、映像ミュージアムへ行こう。

 

 

鉄人28号が鎮座してお出迎え。

 

 

サンタクロース仕様になっていた。

 

 

インドネシアの影絵、ワヤンが紹介されていた。

インドネシアに4年半、住んでいたので、親近感がわく。

イスラムが入ってきて、偶像がどんどん進化した独特な影絵人形劇。

 

 

黒澤明のコンテ。

丁寧に描かれている。

 

あそぶ!ゲーム展へ。

ゼビウスが展示されている。

 

 

子供が夢中になって楽しんでいる。

母親が、うまいじゃない〜と子供をほめている。

 

 

ワタシもやってみる。

相変わらず下手である。

ゲームのセンスはまったくない。

 

 

ゲームのコンテ。

こちらも緻密に描かれている。

 

ハングオン。

 

 

これはやってみたかったが、休憩中。

 

最近のゲームは分からない。

電車の中でスマホでゲームをしている人も多いが何をやっているのだろう。

ゲームは変遷していき続けている。

 

 

 

| アート | 21:44 | comments(0) | - |
うらわ美術館 江戸の遊び絵づくし−おもしろ浮世絵版画

国芳の絵が存分に楽しめる展覧会。

以前から国芳の絵を観て、驚かされていたが、今回の展示を見て改めてその面白さに驚愕した。

いつも面白いと思う、荷宝蔵壁のむだ書。

 

 

この猫のヘタウマ具合がたまらない。

似たから=荷宝

役者絵が幕府の禁令がでたから、国芳はそれの令を潜り抜け、庶民の渇望に応えるためにこの絵を描いたと言われている。

その芸術魂が、素晴らしいのである。

 

ダジャレの地口絵、タモリのイグアナを思いだす身振り絵、扇子を使っていろんな絵になる鞘絵。

縁起がいい有卦絵。

クイズを出す判じ絵。

玄関口から、男が顔を突っ込んでいる後ろ姿の絵。

それは何を現しているのか?

それは、海豚。

「おい いるか!」

難しい洒落。

 

 

世の中、まともな人はあまりいない。ちゃんとした人になりましょう。

弘法大師の格言とともに描かれる国芳。

なんという洒落た人。

 

この企画展は国芳以外でも展示はされていたが、国芳の圧倒的存在感だけが目立っていた。

 

 

 

| アート | 15:36 | comments(0) | - |
千葉県立美術館 藤田朋一 木から生まれる物語

いい企画展があった。

藤田朋一さんによる木の格子法でできた、緻密に創られている木のアート。

 

 

 

天空にある空想上の建造物。

内と外を透視できる神の眼から見たアート。

 

 

 

木の蝶の群れ。

 

 

| アート | 12:40 | comments(0) | - |
ソニービル It's a Sony展

2017年4月1日から解体が始まるソニービル。

そこで、It's a Sony展が開催されていた。

2018年の夏にまた会いましょう

というコピー。

 

以前、ここで打ち合わせをしたことを思いだした。

何の打ち合わせだったか?失念してしまっている。

その時に会った担当者ももう、いないだろう。

 

変わっていない人って少ない。

いきつけのお店はどんどん無くなっていっている。

でも、人は生きている。

 

2018年。

銀座に新しい風が吹くのだろうか。

人も変われば、街も変わる。

 

 

 

 

POPEYEとのコラボレーション。

雑誌が伝える時代の空気と、その時代の商品。

想い出を語る識者。

 

 

 

 

カセットのツメを折る。

そうすると、上書きが出来なくなる。

もう一度録音するには、セロテープを貼っていた。

 

私は、テープの音質などにはあんまりこだわりがなく、安物のテープを買っていた。

TDKのTVCMもいろんなアーテイストが出演していたっけ。

 

 

 

 

 

 

WALKMANのCM。

これを見て、のりおよしおののりおが漫才の中で、この猿の物まねをしていたのを思いだした。

 

 

ソニータイマーという言葉もあった。

ある期間が経過すると故障をする。

私も何台もWALKMANを買い替えた記憶がある。

聞いていたのは、英語だったり、ロックだったり。

 

高校時代の友人が、大学に現役で入って、すぐにバイクでトラックに巻き込まれて死んでしまったとき、

葬式にでるために最終の西明石行きのひかりに飛び乗った。ローリングストーンズのアンジーを繰り返し、繰り返し、聴いていた。

 

 

アンデイウォーホールの絵。

この商品は芸術の対象にもなった。

 

 

 

 

 

このPCを買って使っていた。2台とも。

ということは、自分では気づかなかったが私はSONY派だったということか。

大容量のデータをメールでおとすのが大変だった。PCの理由ではなく回線の理由だが。

 

 

 

 

触れる地球儀。

触れて分かる地球で起こっていること。。。

 

見ごたえある展示会であった。

第二期は2月17日から。

また来よう。

 

 

変わる銀座。でも変わらない、泰明小学校横の公園の岡本太郎。

女の人が、椅子に座ってブーツを抜いて足を揉んでいる。歩き疲れたのだろう。

 

 

昔よく来た飲み屋街。

まだ行っていたお店の看板が出ていた。

懐古するように歩く初老のお二人。

想い出話しをしながら歩いているのだろうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| アート | 10:08 | comments(0) | - |
METoA Ginza

銀座、電通通りを新橋方面からソニービル方面へ。

三菱電機のショウルームがあって、入ってみる。

エレベータに乗るとスピーカーから鳥が囀る。

エレベータの中の無音というのは確かに変な緊張がある。その緊張を緩和してくれる鳥の囀り。

そこを降りたら、ロボットに依るアートが展開されている。

 

 

2対のロボットが、踊り、モニターに絵を描く。

産業とアートとの融合。

若い夫婦の子供が笑いながら喜んで見ている。

 

それにしてもロボット、AIという言葉だらけ。

仕事の仕方、仕事の在り方、ワークシェアという仕事の仕方、賃金のもらい方、しいては生き方、そういったものが変わっていく。

人工知能に置き換えられる仕事の領域、事務、物流、警備、広告、調理、農業、清掃、建設、通訳、秘書。

あらゆる仕事が人からロボットに変わっていき、会社の在り方も変わっていく。等身大に生きたほうが、自分にとって心地いいのではないか?と真剣に考える。

HILLS LIFEという森ビルのフリーペーパーのテーマも人工知能時代へようこそ。

笑いながら見ている子供に、希望ある未来があるのだろうか?

困難な時代だ。

 

 

2階には田中達也さんのミニチュアアートが展示されている。

機械に、人の温もり、体温を注ぎ込む試み。

 

 

 

 

 

 

| アート | 09:25 | comments(0) | - |