CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
SPONSORED LINKS
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
CHECK
無料カウンター
TEST
check2
CHECK3
あわせて読みたい
CHECK4
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

Higashi Ginza Sweet Life

東銀座は今日も魚そして海の潮の香りがしています。
静岡のガンダム
 
所用で静岡へ。
せっかくだからということで、時間を少しばかり拝借して、
実物大ガンダムを見に行く。
周りにビルがあるので、お台場で見た時より大きく感じた。




大きなものはやっぱりランドマークになりますな。
| 玩具 | 08:14 | comments(0) | - |
公園の忘れ物









玩具だけが夕立の中に取り残されていた。

| 玩具 | 21:02 | comments(0) | - |
マウスパッド

ドン・キホーテで発見したマウスパッド。
胸の部分が黒ずんでいるのが、タッチされた人が多いことの証。
つい、どんな感触なのか確かめたくなる。



アイデア商品であることは確かではあるが、デスクのうえには置きにくい。

| 玩具 | 20:50 | comments(0) | - |
アニマル時計

例えば、
象時ゴリラと象の間分。
そろそろ昼休みが終了。

| 玩具 | 09:28 | comments(0) | trackbacks(0) |
パズル
玩具売り場。

食べ物ではなくパズル。
コラボ商品が花盛りですな。

ちなみにワタシは本物の食べ物のコンボスだけを購入。
| 玩具 | 22:57 | comments(0) | trackbacks(0) |
ノートを買う スケッチブックが50周年であることを知る
LOFTへ行く。
いろんな商品の肌触りが楽しめるのがいい。
マルマンのスケッチブックが50周年。素晴らしいPOPである。
紙のトラックがいいね。
思わず写真を撮る。

誰もが通り過ぎるデザイン。
誰もが記憶しているデザイン。
マルマンのHPでもアニバーサリーページがある。
小冊子が売り場に密かに置かれている。
持って帰って読む。
私の量産が始まったのは、1958年。昭和でいえば33年です。それはちょうど日本が、高度経済成長を迎えつつある時代でした。初めて1万円札が登場し、マイカーブームが幕を開け、若い人たちの顔には笑いが弾けました。

夢があった時代。
その夢を多く書かれたスケッチブック。
マルマンという会社が真摯に歩んできた道が書かれている。
よい企画であります。

ノート売り場を見る。
RHODIA(ロディア)は相変わらず人気である。高いが使いやすいからな。
書いて不必要になったページは破り捨てる。
確かに昔に書いたノートを振り返るということはなかなか無くなった。今は振り返るツールとしてWEBLOGがあるし。というわけで人気があるのは時代の要請か。
ワタシはOXFORDのノートパッドとDelfonics Rollbahnのノートを買う。少しはいいアイデアが浮かぶかもしれない。という期待をしつつ。

ついでにアシュフォードのラムスキンの肌触りが心地よいペンケースも買おうかと心が動く。
それにしてもいい肌触りだ。
日本人にはラムスキンの柔らかさが合うとどこかで書いてあった文章を思い出す。
そして、プジョー206のステアリングの気持ちよさを思い出した。
とりあえず購入は我慢する。

その他気になった商品
・ヘッドトリップ
・ターボジャム(ビリーの次のモノ)
| 玩具 | 20:56 | comments(0) | trackbacks(0) |
zilopopにはまる
いただいたzilopopなる代物にハマッテイル。
詳細は
http://www.coram.co.jp/index01.html
まずは↑このページのzilopopを見ていただければ。

ぺろぺろと舐めるだけで口臭が消えるのである。
しかも半永久的になくさない限り使えるのである。

しかし、

オフィスで、
街頭を歩いていて、
映画館で、
デートのドライブしながら、
チュッパチャップスの如く、舐める。

というシーンはどうもいただけない。っつーか、イメージしがたい。
なんか乳ばなれしていない子供って思われるかもしれないし・・・。
つーか、かっこよくはない。

といいつつもワタシはハマッテイルのである。
昨日、これが鞄の奥底に入ってしまい紛失したと思ったとたん、
不安になっているのである。
ワタシとハナシをしている人がくさいと思うのではなかろうか、と。。
そしてその人は苦痛なのでないかと。。
そして嫌われるのではないかと。。。

効能はある。タバコくさい匂いはなくなっていると感じる。
汗臭さも減った気がする。。

というわけでひそかにデスクの陰でこれをぺろぺろとついつい舐めているのである。。。
完全にハマッテイル。。
| 玩具 | 00:09 | comments(0) | trackbacks(0) |
キミはBOXYを知っているか?
木曜・金曜とアルコールを摂取していないため、体が異様に軽い土曜日。車を出しIKEAに行くかと思いつつ船橋方面に向かうが渋滞しまくっているため断念。というわけで、新習志野のスーパービバホームへ。2階に文具が売っていて、書きやすいボールペンがないかなぁと探していたが、気に入ったものがなく断念。で、ふと横を見るとBOXYがエンド陳列されている。
三菱鉛筆は三菱グループとは無関係。そんな雑学を何かの本で読んだことがある。てなことを思い出しながら、(詳細は君の名は)あ、そーいえば日経MJにもBOXYの件が掲載されていたなぁと思いながらそのコーナーを見る。
BOXY世代が大人になり、子どもを持ち、その子どもに自分たちの憧れだったBOXYを子どもに買い与えるという消費ストーリー。確かにワタシが小学生のころはなんとなく憧れていたブランドであった。「O」の中の「☆」にかっこよさを感じていたし、鉛筆も角ばっていて「男」っぽかった。カンペンケースもBOXYブランドがあった気がするなぁ。。。

で、やっぱりBOXYといえばやっぱりスーパーカー消しゴム。BOXY誕生はリーフレットによると1975年。そしてスーパーカーブームは1977年。つまりBOXYが誕生してから2年でスーパーカーとBOXYが少年の心を虜にしたのか。なんというグッドなタイミング。つまりBOXYは時代の寵児であったのだなぁ。なんて思ったり。
で、最近の若い子たち(20代前半くらい)にとって車が「憧れ」では無くなっているのはスーパーカーブームを経験していないからか。今の主流自動車評論家の人たちもスーパーカー世代。スーパーカーブームがなかったら自動車評論家になっていないかも。なんておっしゃる方が多かったもんなぁ。

てなことをもろもろ考えつつも結局何も購入せずに帰宅。どうしても割高に感じてしまうのは、100円ショップのせいか。はたまた生れ持っての貧乏性ゆえか。文具をどうしても買う気にならなかった。。


今流行っているらしい大人の塗り絵。350円也。
| 玩具 | 19:40 | comments(0) | trackbacks(0) |
イナバウア的

とあるアウトレット家具屋でみつけた椅子。いや、テーブルか?
実は用途も分からない。
もちろん値札は格安。
| 玩具 | 21:50 | comments(0) | trackbacks(0) |
20Q
体調不良のため、一日在宅してしまった。
購入した本をパラパラと読みつつ、すぐダルクなってしまうので、購入したばかりのゲームで遊ぶ。それは20Q。今日のハマリモノ。

ALL Aboutで紹介されていたためすかさず購入。いやー、ことごとく20の質問で当てられてしまった。「メガネ」を当てられたのはびっくり。20の質問だけで、当てられるということは人間の発想というのは体系化されている=硬直化しているということなのか?なんて思ってしまったが、そんなことはともかくとし、多分、今年の忘年会の主人公は20Qだろう。という気がした。。
| 玩具 | 18:04 | comments(2) | trackbacks(2) |