CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>
SPONSORED LINKS
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
CHECK
無料カウンター
TEST
check2
CHECK3
あわせて読みたい
CHECK4
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

Higashi Ginza Sweet Life

東銀座は今日も魚そして海の潮の香りがしています。
本のメモ 横木安良夫 サイゴンの昼下がり

ネットの古本屋さんで購入。

その本はサイン本だった。

たまにある光景。

どのような経緯で、古本屋さんに渡ったのだろうか。

サインをもらった人に何があったのか。なぜ。

結論のない、想像を巡らせる。

 

少年が雨でつるつるに光っている場所で、ズボンを半分ずり下げ、お尻をまるだしにして猛ダッシュ。

お尻がソリになり滑走する。

素朴な遊び。屈託のない笑顔。

 

ニャチャンからの旅が終わって日本に帰ってきて新聞を近視の眼鏡をかけたままでは読めなかった。

あまりにも突然に。老眼になった。

 

 

 

 

 

| | 22:11 | comments(0) | - |
本のメモ 小泉八雲 明治日本の面影

美しい文章。

読んでいて体に浸みていく。

 

・日本人は本質的に芸術的な魂の持ち主。子供のときから漢字を書くという難しい技でしつけられているから。

・出雲=ここは一民族の父なる神を祀った社。出雲では火葬は滅多に行われない。

・諸行無常 是生滅法 生滅滅已 寂滅為楽

 すべてははかない、生まれたからには死なねばならぬ、生まれたものは死んだものである、

 そして死んだものは寂滅を楽しみとしているのである。

・猫は、船乗りに言わせると、お化けを遠ざける効用がある。

・「憶うものも、憶われるものも、みなわずか一日のことなり」

・西洋の発明を自分の趣味にあわせて作り変えてしまう。

・春または秋の朝、日が昇ったばかりの時刻に、ようやく晴れようとする青い朝靄に包まれた日本の山あいの村、

海辺の村の光景ほど美しいものはない。

・富士=美というものの人間の理想のすべて、死と苦痛の力によって創造されてきたのではないだろうか。

 

 

| | 07:56 | comments(0) | - |
本のメモ 堀江貴文 99%の会社はいらない

会社の本棚に置かれていた本。

シニカルに存在していた。

 

以下メモ。

・忙しくて不幸だと感じている人=他人の時間に縛られている。幸せは自分の時間をいかに生きるか。

・自分を差別化するツール

・google 20%ルール

・つかえない営業なんていくらいてもしょうがない。

・テレビにはブランデイングとアンプリファイアの二つの価値がある。

・755を活用。

・ネットをつかって自分で調べる。

・成功する人は身の丈に合わないチャレンジをしている。

・スマホと連動した舞台。人狼ゲーム。

・伝え方が9割

 

| | 06:47 | comments(0) | - |
本のメモ 金田一春彦 ケヤキ横丁の住人

人間的な文章。

素直な文章。

 

青年期に純に恋をしていた人のことが、赤裸々に書かれている。

その人たちと歳をとってからまた出会う。

そこには過ぎ去りし日々が蘇る。

 

 

父、京助に対するリスペクト。

現実的な母。

石川啄木を巡る話しは、人間味があって面白い。

 

山梨県をたたえる

という文章がある。

この文章が観光キャンペーンに使われている。

随筆とポスター。

いい使われ方。

こんなポスターを作ってみたい。

 

 

| | 07:55 | comments(0) | - |
本のメモ 崎山克彦 何もなくて豊かな島

フィリピンのコオハガンという島。

ここで暮らす人たちは、時間とお金に縛られることなく日々生きている。

自然の一部になって。

 

この本で薬を貰いに来る人たちのことが多く書かれている。

私も多くの薬をインドネシアに居たときに渡したことを思い出した。

 

気が狂ったかのように暴れる人。

狐憑きのような状態。

このような話もよく聞いた。

 

蚊、蠅は敵意を持っていると寄ってくる。

 

インドの格言。

「人生には学びの時期、社会で学んだことを社会に返す時期があり、そしてそれを経て自分だけの世界を得るために森に入る」

 

闘鶏の大会で負けた島民の言葉

「ハッピネスと悲しみはいつも隣り合わせさ」

 

| | 07:22 | comments(0) | - |
本のメモ 沢木耕太郎 一号線を北上せよ

ベトナムに行くために、いろいろと本を読もう。

紀行文がいい。

ネットで調べると沢木さんの文章があることを知った。

読んでみよう。

 

近藤紘一のことが書かれている。

異国に住んでいた時、氏の文章を読んで、心が震えたことがあった。

物悲しい話しだった。

内容はすでに忘れてしまった。

人は忘れやすい生き物。

 

・戦時下のサイゴン。人々のエネルギーによって魅力的な都市空間が生み出されていた。

・ニャチャンの北にダムという大きな市場がある。ポー・ナガールにはチャンパというかつてこの地で栄えた国家の遺跡。

・ホイアン 古い中国風の仏教寺院がある。

・そして、谷弥次郎兵衛の墓が水田の真ん中にある。1647年の死。ホイアンの恋人に会いたくてその道の半ばで倒れた。

この彼の墓は母国の方向を向いている。

・ホイアンは昔ヘイホと呼ばれていた。

・古いペルシャの書「カーブース・ナーメ」にある一節。

若いうちは若者らしく、年をとったら年寄りらしくせよ

 

 

林芙美子の浮雲を読もう

 

 

水田に居る鳥。白鷺。

日本にも多く居る。

彼らは長い尾をなびかせながら飛んでいく。

人の気配を感じるとすぐに飛んでいく。

 

 

| | 10:25 | comments(0) | - |
本のメモ 増田寛也 地方消滅

2014年に話題になった書。

私がちょうど海外に行っていた頃と重なる。

当時は若い人が多い場所に行っていたこともあり、この本で取り上げられている状況が切実な課題であると気づいていなかった。

働き方改革ということがこの時点から言われていたことだということも知る。

遅すぎたかもしれない。

 

以下メモ

・現在の地方の雇用減少を辛うじて食い止めているのは医療・介護分野。

・地方は高齢者人口が停滞、減少。雇用吸収力も停滞、減少する。

・2040年、東京は388万人の高齢者。超高齢化社会。絶望的な医療・介護の人材不足。人口移動へ。極点社会。

・日本国内の経済構造はグローバル経済圏とローカル経済圏に分化、共存する。

・東京の100万人、知の偏在を解消し地方へ再配置。

・医療福祉施設、バスターミナルなどの交通施設、公的不動産の活用、住宅の一体的な再構築をした未来志向の都市モデル。

・時間ベースの労働管理から成果ベースの労働管理へ。働き方の多様化推進。

・若者が憧れるライフスタイルと雇用機会の提供。

・地方で大きなキャッシュフローは年金。

・フィンランドにはネウボラというワンストップサービスがある。

| | 21:20 | comments(0) | - |
本のメモ 藤原新也 ショットガンと女

古本屋で見つけた本。

久しぶりに藤原さんの文章を読みたくなった。

詩的で優しい目線の文章。

 

インド放浪と出会ったのは浪人時代。

確か4浪をしていた先輩から本を借りた記憶がある。

あれから30年近くの月日が流れている。

 

1997年から1998年に書かれた文章。

そこから20年の月日が流れている。

 

月日は理由などなく流れていく。

人生は流れていく。

 

この本の中でオウム真理教のことについて触れられている。

一連の事件が解決をしてほっとしているという言葉。

首謀者が逮捕されたことを指しているのだろう。

あれから月日が流れ、首謀者とその周りの人たちの死刑が執行されたのが2018年7月6日。

 

 

以下メモ。

 

チベットの修行寺。

その辛い修行から逃げる僧は40代が圧倒的に多い。

人が老いを意識し始める40代は迷いの季節であり、所在を他に転じる最後の機会であるとも言える。

 

 

 

 

| | 16:38 | comments(0) | - |
本のメモ 落合陽一 デジタルネイチャー

刺激的な本。

以下メモ。

 

 

・遠からぬ未来、人類はフォトンと空気振動が媒介するネットワークへと接続される。

それはイルカやクジラといった海洋哺乳類が、超音波による音響通信とエコーロケーションを海の媒体によって可能にしているのとよく似ている。彼らは2000万年もの間、海中コミュニケーションをしてきた。

・エジソンの発想は約100年早すぎた。死の谷を超えることをまるで考えていない。

・エジソン=フォード境界は現代もなおトヨタ、ソニー、アップルといった企業の製品に継承されている。

・人間の場合、リスクとモチベーションの間に強い相関関係がある、リスクを取ろうと考える人ほど、モチベーションが高くなる傾向にある。

・華厳の言葉、「理事無碍」。

万物は本来ひとまとまりであり、この世の万物は縁起によって関連し合っている。

・我々の身の回りのあらゆるところにコンピュータが入り込んでいるが、その内部で積み上げられているロジックの詳細は誰も把握していない。

・市場の寡占を目指す資本主義モデルはオープンソースなしでは立ち行かなくなっている。

・繰り返されるコモディティ化の断絶を乗り越え、継続的に新しいテーマにコミットし続ける能力が求められる。

・現代のビジネスモデル。限界費用ゼロのサービスを提供することで薄く広くユーザーを獲得し、そこに市場原理に伴う資金の投下を繰り返すことで、最終的に利益を生み出すまで事業を育てていく。

・2000年代に入ると、出生率の減少とインターネットの普及によるテレビの影響力の低下により、消費スキームの停滞が始まる。その綻びは預貯金や住宅の所有を「幸福」と取り違えていたことに人々が気付き始めたことで決定的となり、経済的循環システムに依存していた日本のハードウェア企業はアメリカで進んでいた産業のソフトウェア化の潮流から大きく取り残された。

・AIの進出が進むことで、人々の生き方がBIとVCに二極分化する。

・労働から解放された楽園側と、プラットフォームから徴税される奴隷側に二極分化する。

・アランケイ 未来を予測する最も確実な方法は、それを発明すること

・Deplay and Scale

 所有物であっても未来の商品として値札つければ、新たな価値が生まれ、資産として計上される。

・シェアリングエコノミー これまで商品として考えられていなかったものに値札を付け、交換可能にしていくというイノベーション

・知識が短期間で市場価値を失ってしまうことを前提として、絶え間なく学習によるアップデートを続け、さらには複数の専門職を掛け持つポートフォリオマネジメントを前提とし働き方。

・実質と、物質、機械と人間の区別がつかない世界に。

 

 

| | 20:43 | comments(0) | - |
本のメモ 角田陽一郎 最速で身につく世界史

汐留の本屋さんでレジ横に積まれていた本。

ついつい手にしてしまって購入。

 

世界史。

私が高校の時に選択をしたのは日本史だった。

世界は広すぎてどこを学んだらいいのかわからない。

という判断があったはず。

 

以下メモ。

・東アフリカのミトコンドリア・イブ  20万年前の人類の共通の祖先。

・日本が縄文時代が紀元前2世紀まで長く続いたのは恵まれすぎた環境から。

・戦争とは水が確保できる場所の争奪戦であり、政治とは、確保した水を灌漑し治水する施設。

・思想がないと生きられません。ビジョンなき会社の経営がうまくいかないのと同じ。

・過去を継承することを第一義と考える国民性が日本人のアイデンティティ。

・近代になって停滞していた中華と商人の宗教イスラム教が再び世界の主軸を担おうとしている。

 

| | 21:58 | comments(0) | - |