CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>
SPONSORED LINKS
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
CHECK
無料カウンター
TEST
check2
CHECK3
あわせて読みたい
CHECK4
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

Higashi Ginza Sweet Life

東銀座は今日も魚そして海の潮の香りがしています。
<< 佐倉市立美術館 南桂子展 生誕100年 | main | 流れ、淀まないこと >>
千葉県立中央博物館 砂のふしぎ
砂を見るとなぜか触りたくなる。
この感覚は一体なんなんだろう。

砂場で遠い昔に遊んだ記憶。
何かを作っては壊れる。
人生の儚さということを知る場所なのかもしれない。

アングル・オブ・リポーズ



安息角、という言葉を初めて知った。

粉体工学 - 粉体(岩石、石炭、砂など)を積み上げたときに自発的に崩れることなく安定を保つ斜面の角度を「安息角」と呼ぶ。粒子の大きさと粒子の角の丸みにより決まる。例えば、川砂では角が立っているので急角度でも安定であるが、海砂では角が取れているので緩やかな角度でも流動してしまう。斜面に置かれたものが滑り出さずに留まることができる時の斜面の角度や摩擦係数に起因する。

約31度。
自然と融合したアート。
しばらくこのアートの前で佇む。
見ていて飽きがこない。
砂の流れが刻々と過ぎ去る時間の流れを表現している。


輝泡燈。



同じ形が無い気泡の光。
いろんな形が筒の中を上昇していく。
なぜ、こんなに形が異なるのだろうか。

摩訶不思議。


砂を知るいい企画展でありました。

今度は砂時計を買おうか。
| アート | 21:47 | comments(0) | - |
スポンサーサイト
| - | 21:47 | - | - |