CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>
SPONSORED LINKS
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
CHECK
無料カウンター
TEST
check2
CHECK3
あわせて読みたい
CHECK4
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

Higashi Ginza Sweet Life

東銀座は今日も魚そして海の潮の香りがしています。
<< 本のメモ アレックス カー ニッポン景観論 | main | 本のメモ 植島啓司 聖地の想像力 >>
4月初旬の日本

今年の桜は遅いと皆が言う。

去年は3月で桜は終わっていたと口をそろえる。

このちょっとしたずれがあるのが、オモシロイ。

 

去年の今頃はインドネシアに居て、桜を見ることはなかった。

SNSでアップされる遠い国の桜をただ見ていた。

今年は日本に居て、桜をじっくりと見ることができた。

日本の桜の美しさ、春の気持ちよさを堪能できた。

 

四季があることで感情が豊かになる。

去年とは逆になって、遠い南国で自ら亡くなった友を思い浮かべる。

桜が彼の地にあれば、彼は死ななかったんじゃないか?

桜の美しさ、儚さを見たら、人生の尊さを感じたのではないか。と。

 

六義園。

 

 

大きな枝垂桜がライトアップされている。

多くの人達が、桜の前に集まって感嘆している。

 

 

この日は月が美しく、桜を別の角度から照らしていた。

 

桜だけでは無く、ライトアップされた庭も美しい。

池にもうひとつの美が映る。

まるで、もうひとつの世界が池の中にあるかのようだ。

 

 

目黒川の桜。

池尻大橋から中目黒まで。

池尻のあたりは桃色で、中目黒の方は白い。

 

 

 

多くの人たちが川沿いをゆっくりと歩く。

ゆっくりとゆっくりと。

手をつないで歩く老夫婦の後姿は微笑ましい。

 

 

多分、東京近郊では今年最後の桜。

香取神宮へ。

 

 

門前町から鳥居を見るのも美しかった。

 

 

 

雨と靄の中で鎮座する本殿。

神秘的な空間。

 

 

浅草へ。

スカイツリーにも行ったが、残念ながら雲の中。

外を見ても全くの白の世界。

 

 

その後に浅草、隅田川へ。

スカイツリーはやはり雲の中。

 

 

 

 

今戸神社へ。

すでに閉まっていた。

猫を祀る神社で、一匹の猫が座っていた。

なんだい。もう今日は終わったよ。

 

 

夜の浅草寺へ。

 

 

 

 

 

4月9日 大粒の雨が降る。

柴又へ。

 

 

 

 

冷たい雨が降る。

この雨がきっと桜を散らすだろう。

 

増上寺へ。

雨の隙間。

 

 

 

 

花びらが地蔵につく。

桜の涙。

 

 

 

 

 

 

 

| | 23:16 | comments(0) | - |
スポンサーサイト
| - | 23:16 | - | - |