CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>
SPONSORED LINKS
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
CHECK
無料カウンター
TEST
check2
CHECK3
あわせて読みたい
CHECK4
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

Higashi Ginza Sweet Life

東銀座は今日も魚そして海の潮の香りがしています。
<< ほんのメモ 橋本治 たとえ世界が終わっても | main | 或る日の成田 そして >>
本のメモ 佐野眞一 宮本常一が見た日本

NHK人間講座のテキスト本。

日本中を、歩く、見る、聞く。宮本常一。

 

この歳になると、日本を知りたくなる。

そして、なんと言っていいのか分からないが、

この歳になると、歴史が近くなる。

不思議だ。

 

以下メモ

・昭和8年3月 帆船日天丸で播磨高砂から豊後佐賀関までの船旅に出ている

>高砂から船が出ていたことを知る。

・明治維新後、「解放令」が出されながら、かえって差別意識が強化、固定化されたのは、

明治政府の中枢のいわゆる閥族が、薩摩、長州など西日本の人々によって多数占められたこととも

関係があるのではないか、彼らはいい家から嫁をもらっ出世の足がかりにしようとする母系的な慣習を

ひきずった結果、それを広めることになったのではないか。

 

人間臭さを感じる、宮本常一、佐野眞一の本をしばらく読もう。

| | 16:25 | comments(0) | - |
スポンサーサイト
| - | 16:25 | - | - |