CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
SPONSORED LINKS
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
CHECK
無料カウンター
TEST
check2
CHECK3
あわせて読みたい
CHECK4
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

Higashi Ginza Sweet Life

東銀座は今日も魚そして海の潮の香りがしています。
<< 本のメモ 永井荷風 つゆのあとさき | main | 本のメモ ハーバード・G・ポンティング 英国人写真家の見た明治日本 >>
4月30日 日曜日

小春日和というより、初夏の日差し。

夏はもうすぐそこにある。

 

車を出して、都内まで。

ゴールデンウィークの中日ということもあって、都心に向かうときも、都内を走っている

ときも、ともに道は空いている。

 

靖国神社へ。

ここに来るのは、現在関西で施設に入っている祖母と一緒に小学生時代に来て以来かもしれない。

その頃祖母も関西に住んでいて、わざわざ東京まで来たはずで、祖母のたって願いで靖国神社に来たはず。

その時も、遊就館があって、祖母と一緒に観覧した記憶がある。

若くして亡くなった戦神の遺書を見て、子供ながらに痛ましく、またその時代の酷さを感じた。

 

銀杏並木の参道を歩く。

抜けた空に映える道。

 

 

壮大な鳥居と神門。

 

 

 

遊就館へ。

重厚なSLが展示されている。

 

 

遊就館所蔵「甲冑武具展 ― 戦国時代-江戸時代 ―」が開催されていた。

 

 

秀吉が好んだという、黒漆塗兎耳形兜鉢

兎は足が速いという縁起からできたもの。

 

 

安土桃山時代の甲冑。

よく当時ものがいまの世に残っているものだ。

それだけで関心をする。

 

 

常設展には、多くの靖国の神々が祀られている。

小学生の時に見たときのおどろおどろしさは無くなっていた。

戦時から月日が流れたからか。

若い人たちの勇ましい顔。

ふとその人の亡くなった場所を読めば、インドネシアの文字が。

私が去年の9月まで居たあの地でも多くの人が亡くなっている事実、そのこと噛みしめる。

あの地で見た、ジャワの島の海に向かって設置されていた錆びついた砲台、日本軍によって

作られた湿っぽく淀み、蝙蝠が住み着いていた洞窟。そこに多くの日本人が戦争という有事に居て

活動をしていた。

 

遊就館を出れば、相変わらず澄んだ青い空があって、そこは穏やかな休日があった。

 

その後、昭和館に行き、高橋春人のポスターを見る。

 

 

時代を映すポスター。

戦前は国威発揚の内容、そして焦土と化した東京のスケッチを描いてまわり、

戦後は復興へ向けた助け合い、日本赤十字の共同募金、

そしてスポーツの祭典パラリンピックへ。

時代が平和になっていくことがよく分かる。

 

その後、青山スパイラルへライゾマ10。

ライゾマの10周年企画展。

 

 

 

表参道を少しばかり歩く。

 

 

 

 

車が少ない東京はどこかゆとりを感じさせる。

 

表参道ヒルズで、写真家・奥山由之による写真展「君の住む街」。

女の子たちが淡い景色のなかで、淡く居る。

 

 

 

 

 

 

展覧会会場にコンビニを模したショップがあって、そこはこの写真展のカタログだけが

販売されていた。

店員さんもコンビニのようなユニフォームを着ている。

面白い。

 

同潤会アパートもなくなって、

学生の頃にちょっとだけたずさったシャンゼリゼ会の事務局の女の人も亡くなって、

でも街は変わらずにあり、人も居る。

気がつけば自分が歳を重ね、笑顔で表参道を闊歩する若い子たちを見て、

人は入れ替わっていくということを認識する。

 

| 日常 | 16:44 | comments(0) | - |
スポンサーサイト
| - | 16:44 | - | - |