CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>
SPONSORED LINKS
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
CHECK
無料カウンター
TEST
check2
CHECK3
あわせて読みたい
CHECK4
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

Higashi Ginza Sweet Life

東銀座は今日も魚そして海の潮の香りがしています。
<< 谷津バラ園 | main | 本のメモ 宮本常一 イザベラ・バードの「日本奥地紀行」を読む >>
本のメモ エドゥアルド・スエンソン 江戸幕末滞在記

やはり、この著者も富士に魅了されている。

 

・富士山は絶えず変貌している。その豹変ぶりは移り気な女同様、太陽の位置、

大気の状態、季節などの具合で一日のうちに何度か容姿を変えて現れる。

 

著者が横浜滞在中に富士山が煙を上げたことに驚きをもって触れられている。

 

 

・日本人は、正直と率直、疲れを知らぬ我慢強さ。

・学習教育は非常に高い水準。

・既婚の女の生活環境は、義務ばかりが多く、権利などほとんどないに等しい。

・眉を剃り落し、白い歯も黒く染める。

・日本人が受け入れないこと。西洋人のハンカチの使い方。

・日本人の性格中、異彩を放つのが、不幸や廃墟を前にして発揮される勇気と沈着。

造船所にて

・西欧の道具の使い方をすぐに覚える。日本人の職人の方が西欧人より優秀かも知れなかった。

・日本人の宗教心は生ぬるい。

・日本の宗教はどこでも迷信とよく結びついている。

 

| | 16:53 | comments(0) | - |
スポンサーサイト
| - | 16:53 | - | - |