CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
SPONSORED LINKS
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
CHECK
無料カウンター
TEST
check2
CHECK3
あわせて読みたい
CHECK4
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

Higashi Ginza Sweet Life

東銀座は今日も魚そして海の潮の香りがしています。
<< 本のメモ ゴロウニン 続日本俘虜実記  ロシア士官の見た徳川日本 | main | 本のメモ ワーグマン 日本素描集 >>
本のメモ 佐野眞一 あんぽん

平成12年の書。

出版から5年経過している。

著者の佐野眞一はその間に亡くなってしまった。

 

大邱、鳥栖、

植民地時代、

中国時代の先祖からの系譜。

血をみる喧嘩。親族の犬猿の仲、生きる泥臭さ。

父と母の関係。

貧困からの脱却。食べるための仕事。

炭鉱。

にあんちゃんの世界。

 

そのエネルギーの凄まじさ。

氏が背負ってきた、そして今も背負っていることがこの書でその一端が分かる。

玉子さんの言葉も読みたいと思った。

 

 

 

 

| | 12:00 | comments(0) | - |
スポンサーサイト
| - | 12:00 | - | - |