CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
SPONSORED LINKS
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
CHECK
無料カウンター
TEST
check2
CHECK3
あわせて読みたい
CHECK4
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

Higashi Ginza Sweet Life

東銀座は今日も魚そして海の潮の香りがしています。
<< 本のメモ 岡本太郎 神秘  プリント 内藤正敏 | main | 本のメモ 宮本常一 ふるさとの生活 >>
雑誌

海外にいたとき、帰り際にふらっとキオスクによって

雑誌を手にして、電車のなかで読む。

と、いうような習慣が物理的になくなっていた。

また、部屋の照明が暖色系で、眼がすぐに疲れてしまい、

本を読むとすぐに眠くなった。

加齢によるものもあるのだろうが、圧倒的に読書量が減った。

それはPC、タブレットで何かを読んでいるときもしかり、

すぐに自分の中でシャットダウンをしていた。

これだけではないだろうが、日本の情報、世の流れ、空気というものから

遠くなっていった一因でもあった。

この流れから一度離れると、なかなか戻ることは難しい。

戻る必要性があるかといえば、それは一概には何とも言えないが、

戻らざるおえないときには、その作業を行うことは苦痛をともなう。

それを和らげる作業があるには、カスタマイズされた情報がメインに流れてくる

ネットよりも雑誌のほうが有益な気がする。

 

雑誌からのキーワードを拾う

・年齢が上がれば上がるほどフリーランスのように「株式会社自分」という意識を持つ。

年齢の影響を受けてしまうのは、実力がないか、自分の価値を相手に見せられていない。

・サバティカル休暇

・牛丼の値上げがとまらない

・備えるべきは医療費貯蓄

| | 09:33 | comments(0) | - |
スポンサーサイト
| - | 09:33 | - | - |