CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>
SPONSORED LINKS
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
CHECK
無料カウンター
TEST
check2
CHECK3
あわせて読みたい
CHECK4
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

Higashi Ginza Sweet Life

東銀座は今日も魚そして海の潮の香りがしています。
<< 本のメモ 司馬遼太郎 ある運命について | main | 本のメモ 大前研一 日本の論点 2018-19 >>
本のメモ 司馬遼太郎 木曜島の夜会

日本から遠い島。

木曜島。

ここには昔から潜水が得意な多くの日本人が貝を採るために居た。

ダイバーだ。

著者は1976年にこの島を訪れ、この島に居続けている日本人の老人と会う。

宴が催された。それが終わるころ、暗い海風が吹いている方向を見っぱなしになった。

奥さんが泣きながら言う。

彼は、老いた。彼は無口なので何を考えているのかよくわからない、

ときどき彼が目の前にいながら遠い所にいるように思えてならない。

 

遠い故郷に思い馳せているのか。

 

Japanese is a Japanese.

 

 

| | 21:11 | comments(0) | - |
スポンサーサイト
| - | 21:11 | - | - |