CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
SPONSORED LINKS
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
CHECK
無料カウンター
TEST
check2
CHECK3
あわせて読みたい
CHECK4
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

Higashi Ginza Sweet Life

東銀座は今日も魚そして海の潮の香りがしています。
<< 本のメモ 司馬遼太郎 木曜島の夜会 | main | 大前研一 世界の潮流 2018-19 >>
本のメモ 大前研一 日本の論点 2018-19

今の世の中が分かる本。

純粋に面白い。

 

「美しく衰退」

というワード。

なんとも言えない語感。

 

・美しく衰退している日本という国は長期的な課題は山積みでも、実は緊急にやらなければならないことは

ほとんどない。待機児童対策が優先的な政策課題になるような国は他にはない。

 

・デジタル・ディスラプション(デジタル化による破壊)と呼ばれる潮流に対する認識の低さは課題。

・宅配便 ラストワンマイルが課題。アマゾンは賢く儲けている。

・明確に感動や夢を売ることのできるブランドは生き残るが、フランス製、イタリア製というだけでは

 見向きもされない。

・ゴーン氏が性格の悪さを丸出しにして三菱自動車をシャキッとさせたら、いい会社になる。

・ネット社会はよりフリクションの少ないほうに進んでいく。

 

 

 

 

| | 21:00 | comments(0) | - |
スポンサーサイト
| - | 21:00 | - | - |