CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>
SPONSORED LINKS
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
CHECK
無料カウンター
TEST
check2
CHECK3
あわせて読みたい
CHECK4
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

Higashi Ginza Sweet Life

東銀座は今日も魚そして海の潮の香りがしています。
<< 本のメモ 大前研一 日本の論点 2018-19 | main | 北海道 道南紀行1 >>
大前研一 世界の潮流 2018-19

日本の論点と被る部分も多いが、こちらも読んでいておもしろい本。

 

・世界株式市場=資産運用額が膨張 100兆ドル。2025年には145兆ドル。

・世界は金融政策の正常化が緩やかに進む。

・世界中が低欲望社会へ。=通貨供給量増加。先進国はお金があっても投資機会がない。

・2017年は人材格差が経済格差につながってきた。

・ICTのような新しい産業は重厚長大産業のような巨大な設備投資は必要ない。

・現在の空き家率 13.5%。2025年 18%。

・ポピュリズムの台頭と民主国家の独裁化

・大学の無償化=質の悪い労働力の増加=AIへの置き換え。

・2003年 ドイツのアジェンダ2010=解雇保護法を緩和。失業者は国が再教育を施す。

・日本の銀行の脅威は中国企業。アリババ、テンセントの銀行業化。

・2019年10月からの消費税増税はどうなるのか?

| | 00:11 | comments(0) | - |
スポンサーサイト
| - | 00:11 | - | - |