CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>
SPONSORED LINKS
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
CHECK
無料カウンター
TEST
check2
CHECK3
あわせて読みたい
CHECK4
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

Higashi Ginza Sweet Life

東銀座は今日も魚そして海の潮の香りがしています。
<< 本のメモ 落合陽一 デジタルネイチャー | main | 本のメモ 藤原新也 ショットガンと女 >>
千と千尋の神隠し

本を読むといろんなところで千と千尋の神隠しがでてくる。

よって改めて映画を見る。

 

随分と昔に観た記憶があるが、内容を忘れていた。

最後はハッピーエンドだったかと思うのだが。

人の記憶とはなんとあやふやなことか。

 

異界との境界。

トンネルと橋。

その境界の手前には道祖神、石の祠が木の根元に置かれている。

これも異界との境界。

 

橋を渡るときに息をしてはならぬという。

物の怪は息をしないからなのか。

 

日本人は多神教。

湯婆の湯屋には毎晩、八百万の神が来訪してどんちゃん騒ぎを行っていく。

大らかな神々。

 

名前を湯婆がとる。

千尋から千へ。

名前を失うと自分が自分ではなくなっていく。

 

 

| 映画 | 07:12 | comments(0) | - |
スポンサーサイト
| - | 07:12 | - | - |