CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
SPONSORED LINKS
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
CHECK
無料カウンター
TEST
check2
CHECK3
あわせて読みたい
CHECK4
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

Higashi Ginza Sweet Life

東銀座は今日も魚そして海の潮の香りがしています。
<< 本のメモ 堀江貴文 99%の会社はいらない | main | 本のメモ 横木安良夫 サイゴンの昼下がり >>
本のメモ 小泉八雲 明治日本の面影

美しい文章。

読んでいて体に浸みていく。

 

・日本人は本質的に芸術的な魂の持ち主。子供のときから漢字を書くという難しい技でしつけられているから。

・出雲=ここは一民族の父なる神を祀った社。出雲では火葬は滅多に行われない。

・諸行無常 是生滅法 生滅滅已 寂滅為楽

 すべてははかない、生まれたからには死なねばならぬ、生まれたものは死んだものである、

 そして死んだものは寂滅を楽しみとしているのである。

・猫は、船乗りに言わせると、お化けを遠ざける効用がある。

・「憶うものも、憶われるものも、みなわずか一日のことなり」

・西洋の発明を自分の趣味にあわせて作り変えてしまう。

・春または秋の朝、日が昇ったばかりの時刻に、ようやく晴れようとする青い朝靄に包まれた日本の山あいの村、

海辺の村の光景ほど美しいものはない。

・富士=美というものの人間の理想のすべて、死と苦痛の力によって創造されてきたのではないだろうか。

 

 

| | 07:56 | comments(0) | - |
スポンサーサイト
| - | 07:56 | - | - |