CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
SPONSORED LINKS
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
CHECK
無料カウンター
TEST
check2
CHECK3
あわせて読みたい
CHECK4
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

Higashi Ginza Sweet Life

東銀座は今日も魚そして海の潮の香りがしています。
<< 本のメモ 佐々木圭一 伝え方が9割 | main | 本のメモ フィリップ・コトラー 高岡浩三 マーケティングのすゝめ >>
破壊

葉村真樹著 破壊 新旧激突時代を生き抜く戦略

 

読んでいていろいろとシンクロニシティがあった本。

それだけで唸った。

 

・日本で49%が10年ないし、20年の間に消滅。マイケル・オズボーンと野村総合研究所で分析。

・過去から現在に至るディスラプションの多くはインフォメーション技術の進化のうえに成り立っている。

・米国の広告費 GDPの2%前後。日本は1.17%。

・人間の歴史は、自らの感情や思考の伝達、共有機能の拡張の歴史。

・人間を中心に考える=これまで人間には解決できなかった課題を解決する。=顧客利便性

 

・デザイン・シンキング=人間中心アプローチ。

・テクノロジーを使った新しいサービスを売る。

・バリュー・プロポジション 自分ならではの価値と他者(顧客やユーザー)が求めている価値の両方を満たす価値。

・「いかに自分たちが勝つか」は敗者の道へと通じる。

 

・パワーカップル

・評価経済

 

 

1,人間中心に考える

2,存在価値を高める

3,時空を制する

 

 

 

 

| | 22:01 | comments(0) | - |
スポンサーサイト
| - | 22:01 | - | - |