CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>
SPONSORED LINKS
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
CHECK
無料カウンター
TEST
check2
CHECK3
あわせて読みたい
CHECK4
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

Higashi Ginza Sweet Life

東銀座は今日も魚そして海の潮の香りがしています。
<< 破壊 | main | 本のメモ NHKスペシャル取材班 縮小ニッポンの衝撃 >>
本のメモ フィリップ・コトラー 高岡浩三 マーケティングのすゝめ

たまたま手にした本。

そのたまたまという事象を大切にしたいと思う昨今。

 

・先進国に日本がなったのは1980年代

>確かに私の幼少期はそうだった。どぶ川も臭かった。

・顧客の課題はモノでは解決できない。サービスによる問題解決

>確かに今、欲しいものはなかなかない。暑い夏対策のものぐらいか。

・ホットボタンのブレークスルーはカイゼンでは押せない。

>カイゼン、前例が好きな日本人。

・あらたな段階の資本主義が必要。

>広がりゆく格差

・メディアチャンネルはどこにもある。

>メディアという言葉をいろんなことに当てはめてみる。

・競争相手を敬う。

>知る。考える。

・先進国=自己実現欲求

・職場環境の希薄さ=そこを埋める欲求を持つ人(自己実現)

>様々な自己実現がある。

・高齢者単身世帯の顧客の増加。

>社会状況を観察する必要。

・転勤を必要としない。=女性の働きやすさ。

>地域社員という考え方。

・日本の良さ=治安の良さ

>だからこそ発達しない新しいスキル。

・データーはそもそも顧客の解決をするための手段なので、データそのものは無償で提供されてしかるべき。

>データの囲い込みは消費者にとって不利益な場合もある。

・インターネットによる問題解決しか顧客に価値を提供できない21世紀のマーケティングに移行。

>マーケティング手法の変化

・顧客がなぜそのような行動をするのか、どのように意思決定するのか「深く考える」

>考える時間をつくる。

 

 

 

 

 

| | 23:52 | comments(0) | - |
スポンサーサイト
| - | 23:52 | - | - |