CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>
SPONSORED LINKS
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
CHECK
無料カウンター
TEST
check2
CHECK3
あわせて読みたい
CHECK4
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

Higashi Ginza Sweet Life

東銀座は今日も魚そして海の潮の香りがしています。
<< 石手寺 | main | 韓の国紀行 2018 その1 >>
本のメモ 半藤一利 出口治朗 明治維新とは何だったのか

ためになる書。

歴史の捉え方が自分の中で変わった。

様々な角度で歴史を見つめることが大事である。

価値観も時代によって変わっていく。

 

・アメリカが日本に開国を求めたのはアジア市場争奪戦に参加するためのシ―パワーを身につけるため。

・ペリー「とにかく日本人は勿体ぶった、優越的な態度を取る民族」

「他国民も尊厳を保つ法を知っており、日本人を勇者とは認めていないことを存分に知らしめてやる」

二隻の最新鋭艦で日本を脅かした。

・日本人の習性、起きて困ることは起こらないと思い込む。

・江戸時代末期、日本人の平均身長や平均体重がすべての時代を通じていちばん小さくなる。

・勝海舟は散歩をするようになった。その散歩を通じて、世の中の人々がどんな暮らしをしているかよく分かった。

・守るべき対象が具体的でクリアの方が人は頑張れる。

・社会をオープンに開いておかないと、重要な意志決定に不可欠な生きた情報が入らなくなる。

| | 22:22 | comments(0) | - |
スポンサーサイト
| - | 22:22 | - | - |