CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>
SPONSORED LINKS
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
CHECK
無料カウンター
TEST
check2
CHECK3
あわせて読みたい
CHECK4
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

Higashi Ginza Sweet Life

東銀座は今日も魚そして海の潮の香りがしています。
本のメモ 林忠彦 カラー日本百景

昭和39年の日本。

まだ素朴さが残りつつ、例えば御宿の海女さんの写真のように、

オリンピックを前にして高度成長で経済が伸び行く日本、

日本橋のうえにかかる高速道路の写真のように。

 

写真とともに添えられた文章。

その文章は素朴的。レンズを通して見た風景のことが語られている。

 

・九州の自然の神秘 高千穂

 古代人が、太陽に、人間の生命のすべてをかけ、それによって生き、

 それによって、永遠なるものを夢みたことの必然性がわかるような気がする。

 

 奥津温泉

 街の真んなかを流れる川に温泉がわいている。宿の女中も娘も奥さんも、

 洗濯はこの川のなかでする。それがすべて足でする。

 

電機洗濯機が普及する前の光景。

 

・近畿 生きている古都と死んでいる古都

 カメラの眼からすれば、奈良の仏像や建築が、第一級に造型的だといわなければ

 ならないし、したがって造型的な立場から、カメラでこれに迫ることができるが、

 京都の場合はそれが逆となって、非常にむつかしい。

 ムード的というか、生きているから、その京都的なものを決定的に押さえることには

 苦心を要する。

 

・中部 田舎の同心円

 ソバ。馬匹の糧抹で、日本の貧困を象徴した食べ物。

 

 一茶の句

 信濃では月と仏とおらがそば

 

 信州は、過酷な風土のかわりに、美しい自然が神からあたえられたのかもしれない。

 

・関東 空気のかわき

 なんとなく東京という世界には、自己の意思のありかが判然としない。

 ただエネルギーだけがたくましく渦まいているだけの世界。

 

 関東をとりまく山々は、稜線がするどくきりたっていて、奈良や京都のやわらかい線がない。

 妙義山にしても赤城山にしても、関西では見られない山だ。それに空気のかわきが感ぜられる。

 

・東北

 うたいつづける年寄りたちのうたは、楽譜や音楽理論にもとづいたいわゆる技巧的な頭のなかの

 歌ではない。体質や風土のなかから、自然ににじみ出た、生命の呼吸にも似たものだ。

 

 

 

 

 

 

| | 08:25 | comments(0) | - |
本のメモ 佐藤航陽 未来予測の技法

以下メモ

 

 

タイムバンク=時間の取引所

領土の重要性の低下=シンガポールの成長

国家が果たしてきた仕事を多国籍企業が代替

エストニア=国家運営を大幅に効率化

ベンチャーキャピタルのビジネスモデル 10社に投資し、1社の成功で投資額を回収

地図を捨ててコンパスを持つ

世の中の流れを読み、今どの場所にいるのが最も有利なのかを適切に察知する能力。

通信型のゲームでユーザー情報が吸い上げられ、感情を科学的に分析することが可能になった。

切符とタイミング

自分のやっている活動がその変化と合致しているか。

すべてのテクノロジーには必然性に基づいている。

人間は文明を発展させるなかで、祖先の知性を書物という形で子孫に残し生存確率を高めてきた。

社会が変化するスピードは1.消費者2.法人3.行政・司法

FACEBOOKはザンビア共和国に対してスマホから自社のサービスを使う場合は自社が通信料金を負担。

GOOGLE 20%ルール。80%のリソースを経営陣の意思決定どうりの仕事。20%のリソースを社員の意思決定。

ユーザーが望むニーズ=現在の技術で実現できることの接合点を突き詰めると、そこにはバラエティはあまりない。

 

 

| | 09:04 | comments(0) | - |
本のメモ Nヌエット 東京のシルエット Silhouettes de Tokyo 

昭和29年に出版された本。

ヌエットの眼から見た東京の面影が、多くのスケッチと文章、

時に詩もまじえて紹介されている。

 

大正期から昭和の戦前、戦後期の東京を図らずも時代観察者となって

詩的に描かれている。

 

芝、浅草、池上の山門。

そのスケッチがあり、注釈で、戦争で浅草、池上の門が焼失してしまったことを知る。

戦争で多くのものが灰となった。その中で残っていたものは徳川家に奉納された石燈篭。

いまはどのようになっているのだろうか。

 

この本でも富士は賞賛されている。

 

富士山は雲と戯れている。

帽子をつけた羽飾りか顔のまわりの襟飾りか、あるいはまた腰帯のように身に富士山は

雲をまとっている。

 

詩人の表現で富士のことを描いている。

いい文章。

 

江戸城。

カンフェール、ツンベルグは江戸城の天守閣を見て感嘆した。

1657年に消え去った。

思いを馳せることしかできない。

 

 

この本で書かれている緑の光。

太陽が地平線に消えていくとき、突然、ほんの一瞬間、太陽が緑色になるのである。

 

一度じっくりと夕陽を見てみよう。

 

 

 

 

| | 09:03 | comments(0) | - |
本のメモ 池上彰X佐藤優 希望の資本論 

以下メモ。

 

・ソ連が崩壊し資本主義が勝利したとなって、もう革命が起こる心配がなくなった。

そこで資本主義のやり方でいいんだと言っているうちに、社会主義革命が起こる前の、

恐慌がひっきりなしに起こり、悲惨な労働状況が蔓延していた、まるでマルクスが「資本論」で書いていた

当時のような状態に戻ってしまった。

・年収300万から500万のところで諦めてしまう。

新しい形でのプロレタリアート(無産者階級、賃金労働者の総体)ができているかもしれない。

・アラブ世界においては物を作る、生産するというのが、いまだにほとんどない。

・労働力の再生産の費用をどんどん引き下げようといういまの資本の運動があって、そもそも社会的な再生産費自体を下げる働きがある。

・もう一回高校の世界史の教科書を買って、山川出版の問題集をやる。最低限の教養をつけないと海外で交渉ができない。土俵にあがれない。

・働くということは、労働力の商品化で、自分の労働力を売っている。いまの世の中においては、労働力を売っていかないと生活ができないと生活ができない。その一方で、そのメカニズムの中にずっと入り込んでしまうのか、あるいは労働力を売らない時間を、どう自らのために使うかということ。

 

| | 08:56 | comments(0) | - |
本のメモ アダムグラント シェリル・サンドバーグ OPTION B

突然人に襲う大いなる哀しみ。その哀しみをどのように受け入れ、克服をしていくか。

はたまた、その深い哀しみのさなかにいる人たちにどのような声をかければいいのか。

予期せぬ哀しみが襲ったときに私たちはどうすればいいのか。

その状況にただただ戸惑うことが多い。

時がたち、レジリエンスができることを待つのみなのか。

 

レジリエンスとは、

「脆弱性 (vulnerability) 」の反対の概念であり、自発的治癒力の意味である。

「 精神的回復力」「抵抗力」「復元力」「耐久力」

 

以下メモ。

 

・三つのPが苦難からの立ち直りを防ぐ

 Personalization 自責化

 Pervasiveness 普遍化

 Permanence 永続化

このサイテーなできごとは自分のせいだ、何もかもがサイテーだ。この先ずっとサイテーだ。

・感謝できることを数えると、この世のよいことを思い出すから、より幸福で健康になれる。

・「どうしてる?」と聞いてもらえないとショック。

・「おつらいですね、いつもそばにいますよ」

・君はひとりじゃない、一緒に立ち向かおう。

・「本当にうまくいったこと」とその理由を毎日5分から10分間かけて書きだした人は、3週間以内にストレスレベルが低下し、心身の不調も改善した。

・人はつかんだチャンスより、つかまなかったチャンスを後悔することが多い。

・ユーモアにはレジリエンスを高める効果もある。

| | 08:22 | comments(0) | - |
本のメモ 池上彰教授の東工大講義 世界編

教養の大切さを知る本。

 

 

・陸軍は理化学研究所、海軍は京都帝国大学。すべては縦割り組織の下で進められていく。

大規模な統一プロジェクトとして推進されたアメリカとはここで大きな差があった。

・日本の国家意思

 核兵器製造の経済的、技術的ポテンシャルは常に保持するとともにこれに対する掣肘を受けないように配慮する。

・地図は時代によって変化する。

・日本で誰もが欲しがるもの。稲、布。イネ=ネ=値 布は紙幣の幣の字として残っている。

・本当に優れた経営者とは、社員たちが「うちの会社が発展したのは、我々社員が頑張ったからです」と自分たちに自信を

持てる会社を実現した人々。

 

 

| | 08:19 | comments(0) | - |
本のメモ エドワード・S・モース 日本その日その日

講談社学術文庫版。

近代に染まる前の日本。

そこには正直にいき、質素で、且つ自然の創り出す芸術を愛でる人たちの姿が書かれている。

 

以下メモ。

 

・人々が正直である国にいることは実に気持がよい。

・この国の人々がどこ迄もあけっぱなし。

・日本ほど赤ん坊のために尽くす国はなく、また日本の赤ん坊ほどよい赤ん坊は世界中にない。

・婦人に対する礼譲が少ない。

・日本の神社仏閣は、例えば渓谷の奥とか、木立の間とか、山の頂上とかいうような、最も絵画的な場所に建っている。

・樹木をしつける点では日本人は世界の植木屋中第一である。

・日本人ほど自然のあらゆる形況を愛する国民はいない。嵐、凪、霧、雨、雪、花、季節による色彩のうつり変り、

穏やかな河、とどろく滝、飛ぶ鳥、跳ねる魚、そそり立つ峯、深い渓谷。

・群衆は商売したり、交易したりすることを好むが、同時に彼らは芸術や天然の美に対して、非常に敏感である。

・日本人はどんな仕事をするのにも歌うらしく見える。

 

 

 

 

| | 07:52 | comments(0) | - |
本のメモ 高城剛 分断した世界

GWの楽しみのひとつだった本。

確かに私のまわりでもいろんなものが分断しているような気がする。

 

金融緩和によって生まれた資産バブルと、国際的な租税スキームが極端な二極化を産み、人々を「分断」する歪んだ世界を作り上げた。

 

・1920年、大衆という概念が生まれた。ラジオが普及した。

・新しい魔法の機械の普及による情報の爆発が人間の欲望による悪巧みを掻き立て、それがバブルから崩壊へと誘うのが近代史の教えだとしたら、スマートフォンと高速ワイヤレス回線が地球の隅々まで普及したいま、必ずバブル崩壊が起きるのではないだろうか。

・フィンテックとは、オフィショア金融センターをサイバー空間で作れるかどうかが鍵。

・この星はグローバリゼーションという大きな波に飲み込まれ、全世界の端から端までを資本主義が覆いつくしてしまった。

・アメリカは奴隷制度を土台にかたち作られていて今なおそのシステムは存在している。

・2016年のブラックフライデー、銃が過去最高で売れた。18万丁。自衛のため。

・スマートフォンに代表される適度な娯楽と安価なコミュニケーションによって若年層は牙を抜かれている。

・2018年5月25日からEUで施行されるGDPR General Data Protection Regulation

これも分断を現わす。

| | 23:29 | comments(0) | - |
本のメモ 落合陽一 これからの世界をつくる仲間たちへ

この本の中に書かれていたが、50代は会社にぶら下がるだけ。

その言葉が胸に響く。

なぜ、このようになってしまうのか。

新しいものを受け入れなる許容がなくなるからか。

滅私奉公をするサラリーマン生活に疲労困憊をしたからか。

 

以下メモ。

・21世紀の6分の1を消費

・資本主義社会によるグローバル化の波。格差と持たざる者の怨恨をもたらす温床。

・米国資本主義によって統一されたイデオロギーの中で育ったプラットフォームの上で行動する

よりほかはない。

・コンピュータは電化製品ではなく、我々の第二の身体であり、脳であり、そして知的処理を行うもの。

・人は一世代交代して自らの遺伝構造を書き換えるのに20〜30年の時間を要する。

・コンピュータには不得意で人間がやるべきことは何なのか。

・コンピュータにはモチベーションがない。

・コンピュータの下請けの仕事をどうエンターテイメントにしていくか。

・コンピュータで代用できない専門性。無二のカリスマ性。

・専門的な暗黙知を持つクリエーティブ・クラスを目指すべき。

・暗黙知には大きな価値がある。

・その新しい価値がいまの世界にある価値を変えていく理由に文脈がつくか。それに対してどれくらい造詣が深いか。

・誰が幸せになる?なぜいまそれが問題?先人はなぜできなかった?過去の何を受け継いだ?どこでできる?実現のためのスキルはほかの人が到達しにくい?

・グローバル化=ニッチも戦える。

・オンリーワンかつナンバーワン

・自分が解決をしたいと思う小さな問題を探せ。

・本当に頭を使うのミーテイングに出すネタを考えるとき。

・言語化は最高の思考ツール。

 

言語化をする能力、論理力、思考体力、世界70億人を相手にする、経済感覚、世界は人間が回しているという意識、専門性。

 

 

 

 

 

・広告代理店には企画屋的なホワイトカラーがいたが研究することが難しい。=専門性の積み重ねが起こりにくい。

積み重なる仕組みや学び続ける仕組みが醸成されなかった。

 

 

 

 

 

 

| | 21:12 | comments(0) | - |
本のメモ 堀江貴文x落合陽一 10年後の仕事図鑑

若い人たちに向けた本。

とはいうものの、私にもぐさぐさと突き刺さる言葉が多々ある。

以下メモ。

 

・大学を出て、結婚して、会社に就職して、子どもができて、家や車を買って、

引退して、年金で悠々自適に生活して、といった生活を送ることはもうほとんどの人に

とって無理な話だろう。

・仕事は引き受けるものから作るもの。

・現代は好きなことでお金が稼げる時代。

・何物でもない人間、貢献度の低い人間の価値はどんどん下がる。

・日本が抱える多くの社会課題は、労働力不足とコミュニケーション不足。

・提供価値が見えづらいホワイトカラーの正社員はブルーカラーに転じ、1時間いくらといった時間換算

できる仕事を提供するのか、もしくは会社にとって重要な経営陣を目指すのか。

・C TO C サービスはビジネスモデルを大きく変える。

・多くの企業は不況時に無理矢理仕事をつくって雇用を維持した結果、赤字になっている。

・持っている価値をどのように形にするのか、その運用方法を考えることが重要。

・フォロアーのいる営業職だけが生き残る。

・経営人材として年収1500−2000万の人を社内に何人も抱えることはコストに他ならないため、

アウトソーシングしたいと思う。

・給料が安い仕事でも、複数人雇わなければならない場合、優秀なAIが1台あればいい。

・好きなことに没頭し、仕事になるまで遊びつくす。

・好きなことを掛け合わせ、100万分の1を目指す。

・タイムバンク VALUE 芝麻信用

 

・細野不二彦 バディドッグ 

・箕輪厚介

 

 

 

 

 

| | 10:20 | comments(0) | - |